「バリオリンク サスペンション」

写真拡大

 日本精工はボールネジとサーボモーターを組み合わせた新たなサスペンション機構を第45回東京モーターショーで公開した。モーターでボールネジを伸縮させることでタイヤの動きの自由度を高められる。街中や高速道路など路面や速度に応じて自在な走りを実現し、自動運転時の安定走行などに貢献する。

 開発した「バリオリンク サスペンション」は車体とタイヤの間に搭載し、複数のボールネジを同時制御することでタイヤの向きや間隔を左右独立して自在に操作できる。

 例えばハンドル操作に対してタイヤの向きを変えるだけでなく、車を正面から見た時の路面に対するタイヤの倒れ角度なども変更できる。ボールネジの本数は車の要求性能に応じた選択が可能。エンジンやモーターの駆動力をタイヤに伝えるドライブシャフトや、車輪にモーターを組み込んだインホイールモーターでも利用できる。

 日本精工は工作機械の位置決め用途などで使われるボールネジの世界最大手。開発したサスペンション機構を自動運転や電気自動車(EV)の性能向上に貢献できる新たなコンセプトとして車メーカーに提案し、主力製品の拡販につなげる。