第42回トロント国際映画祭観客賞受賞 クライム・サスペンス『スリー・ビルボード』来年2月公開

写真拡大

 第42回トロント国際映画祭にて観客賞を受賞した『Three Billboards Outside Ebbing, Missouri』が、『スリー・ビルボード』の邦題で2018年2月1日より日本公開されることが決定した。

参考:『ブレードランナー 2049』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が語る、リドリー・スコットの存在と音楽担当変更の背景

 本作は、デビュー作でいきなりアカデミー賞短編賞を受賞した、マーティン・マクドナー監督によるクライム・サスペンス。最愛の娘が殺されたミルドレッドが町はずれに3枚の巨大な広告板を設置したことを契機に、次々と不穏な事件が起こり始める模様を描く。今年9月に開催された第42回トロント国際映画祭で観客賞を受賞したほか、第74回ヴェネチア国際映画祭でも脚本賞に輝き、早くも本年度賞レース大本命との呼び声も高い。

 主演には、アカデミー賞に4度ノミネートされ、『ファーゴ』で主演女優賞を獲得したフランシス・マクドーマンド。『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のウディ・ハレルソン、『コンフェッション』でベルリン国際映画祭男優賞を受賞したサム・ロックウェルが脇を固めている。(リアルサウンド編集部)