「デスノート Light up the NEW world」が金曜ロードSHOW!でテレビ初放送/(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

写真拡大

11月17日(金)の「金曜ロードSHOW!」(夜9:00-10:54、日本テレビ系)で、2016年公開の映画「デスノート Light up the NEW world」を再編集した特別版がテレビ初放送されることが決定した。

【写真を見る】「デスノート Light up the NEW world 」を特別版でテレビ初放送/(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

本作は、同名大人気漫画を実写化した「デスノート」シリーズの最新作で、前作の映画「デスノート」から10年後を舞台にしたオリジナルストーリー。そのノートに名前を書かれた人間は死んでしまうという死神のノート“デスノート”が人間界に6冊あることが発覚し、警視庁デスノート対策本部の特別捜査官・三島(東出昌大)、世界的名探偵「L」の後継者・竜崎(池松壮亮)らがノートを巡り新たなバトルを繰り広げていく。

東出、池松の他、菅田将暉や、前作と同様の役で戸田恵梨香も出演。さらに死神の声は、前作から引き続き中村獅童や今作から新たに松坂桃李、沢城みゆきらがそろう。監督は「GANTZ」「図書館戦争」を手掛けた佐藤信介。

テレビ初放送に向け、東出は「完全オリジナル脚本なので、原作を好きな方も一から知る物語だと思います。台本を初めて読んだとき、全てが明らかになるクライマックスに興奮しました。今回のテレビ初放送で、多くの方に見てもらえることがとても楽しみです」と喜びを語った。

また、佐藤監督も「10年前に公開された映画の続編ということで、さまざまなトライをした作品でした。10年後の物語、登場人物たちの10年ぶりの集結、CGなど10年分の映像技術の飛躍…再び息吹を吹き込まれた作品は、新しい解釈でデスノートの世界観を彩ったと思います。

テレビ初登場、さらに劇場公開時のものから再編集されたこの作品で、また一味違った世界を楽しんでいただけるとうれしいです」とコメントを寄せた。

その“10年前の映画「デスノート」”である、藤原竜也、松山ケンイチ出演の「デスノート the Last name」(2006年)は、11月13日(月)に「映画天国」(夜1:59-3:58、日本テレビ※関東ローカル)で放送される。