「彼氏の急な転勤が決まった……。私たち、これから大丈夫かな?」


出典:https://www.shutterstock.com

急に離れてしまう二人の距離。

遠距離恋愛になってしまうことを不安に思う女性は少なくないでしょう。

そこで今回は、遠距離恋愛に向いてない人の特徴を、心理カウンセラーの資格を持つ筆者がご紹介します。

 

■無趣味

「趣味がまったくない」という女性のなかには、彼氏とのデートは趣味のようになっている人も多いようです。

彼と頻繁に会えていたときは予定が詰まっていたかもしれませんが、遠距離恋愛になってしまうと暇な時間が多くできてしまいます。

その結果、ストレスや不安がたまりやすくなるでしょう。

新たな趣味や習い事などをはじめて、会えない時間を過ごすよう心がけるといいかも。

 

■寂しがりやで友だちが少ない

この特徴も上記したものと少し似ていますが、寂しがりやでかつ友だちが少ない人は、恋人が友だちの役割を担っている場合が多いです。

こうした性格の人が遠距離恋愛になると、恋人と友だちの両方が同時に離れてしまうことになります。

その寂しさに耐えられず、思わず浮気をしてしまったり、恋人を束縛してしまったりするかもしれません。

 

■友だちが多い

友だちが多い場合も、かえって遠距離恋愛が長続きしなくなる可能性があります。

友だちが多いと必然的に異性との出会いが増えるため、普段では誘いに乗らない人でも、恋人がいない寂しさに耐えきれず浮気をしてしまうことがあるかもしれません。

遠距離恋愛を始めたばかりの女性は「寂しさにつけこんでしまおう」と狙われやすい傾向があるため、突然の誘いには用心するようにしましょう。

 

■嫉妬深い

恋人からのメールやLINEの返信が遅いだけで、浮気を疑ったり不安になったりする人は遠距離恋愛に向いてません。

遠距離恋愛は、相手への信頼感と自分(仕事や趣味など)への関心の両方が、どちらも高い方がうまくいきやすいです。

嫉妬深い人の場合、そのどちらも低い傾向があります。

もしも「自分は嫉妬深い」と自覚があり「彼と別れたくない」と強く思うのであれば、覚悟を決めて遠距離恋愛にのぞみましょう。

 

「遠距離恋愛は愛の強さが試される」と言われますが、たとえ誠実で愛情深い人であっても、遠距離恋愛がうまくいかない場合は多々あります。

今回ご紹介した特徴に多く当てはまる場合、新しい恋愛に目を向けるのも一つの選択肢かもしれません。

【画像】

※ Ditty_about_summer/shutterstock