リバプール、カシージャスの動向注視?

写真拡大

▽ポルトが来冬の売却を視野に入れているとされる元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)にプレミアリーグ初参戦の可能性が浮上した。イギリス『エクスプレス』がスペイン『El Pais』の情報をもとに伝えている。

▽スペイン人守護神に最も興味を示しているイングランドのクラブとは、ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールだ。今シーズンのプレミア開幕9試合で16失点を記録する守備陣の立て直しを目指して、ニューカッスルも関心を寄せているとされる元スペイン代表守護神の動向を追っているという。

▽カシージャスは2015年夏にレアル・マドリーからポルトに移籍。プリメイラ・リーガ全34試合中33試合出場で19試合のクリーンシートを記録した昨シーズンに続き、今シーズンも序盤から守護神を務めてきたが、17日に行われたチャンピオンズリーグのライプツィヒ戦を皮切りに全3試合でベンチスタートが続いている。