【頑張らなくても楽しい。COFFEE 1/365days】

【詳細】他の写真はこちら



奥深きコーヒー道を歩み続けられるかは実は一歩目の“ハードルの低さ”にかかっている!

カジュアルな飲み物なのに嗜好性が高く、とても奥が深いコーヒー。苦い、でもなぜか美味しい。ワンモアコーヒーください!と世界の大人たちが今日もどこかでコーヒーを嗜んでいる。でもちょっと待って。「コーヒーってなんとなく美味しい」と、見た目や雰囲気で飲んでいませんか。その美味しいの秘密、少しでも解決できれば明日のコーヒーがもと美味しくなるはず。極めずに知るだけ試すだけ。頑張らずに通っぽいノウハウを手に入れよう。

カフェ・ジャポーネだけでも欲しくなる最高級マシン



デロンギだけではなく、国内外における家庭用コーヒーマシンの最高峰に位置するのが「エレッタ カプチーノ トップ」。およそ21万円の実勢価格は、値段に見合った“他にはない機能”を理解しないと躊躇するはず。そんなエレッタ カプチーノ トップの高級機たる所以をみていこう。

「エレッタ カプチーノ トップ」はミルからドリップまで行える全自動式コーヒーマシン。ミル部は上位モデルで使われる「コーン式グラインダー」を採用。さらにはドリップに9気圧で安定したエスプレッソを長めに抽出、そこに蒸らし効果を加えた「カフェ・ジャポーネ」機能を搭載。まるで深煎りコーヒーのような日本人好みの味が楽しめる。実際に取材班の飲み比べでも、イタリア生まれのデロンギらしいエスプレッソも好評だったが、カフェ・ジャポーネのマイルドで安心する味に評価が集まった。

さらに特徴のひとつでもある“豊富なミルクメニュー”には、エスプレッソからレギュラーコーヒー、カプチーノ、カフェラテ、泡立ったフォームドミルクのマキアートまで揃い、選べる種類の豊富さはさすがのひと言。この一台でお店のカフェメニューが再現できると言っても過言ではない。コーヒー豆や水、ミルクなどの原料費に加えて光熱費などのランニングコストはかかるのが、カフェで頼むコーヒー1杯分の値段を考えると決して高くないはず。「手間なく色々なバリエーションを楽しみたい」「オフィスのコーヒーをランクアップしたい」などの要望に応えられる唯一無二の実力派だろう。



デロンギ

エレッタ カプチーノ トップ

実勢価格:20万9170円

ミル、ドリップ、フォームドミルク、洗浄まで行うことができるオールインワン機種。水タンクやトレイの出し入れが前面(フロント部)から行えるので、操作性にも優れている。

デロンギを選ぶ理由とは



家庭用ながら高級品の部類に入るデロンギ・エレッタ カプチーノ トップは、よほどのコーヒー好きであれば納得の価格に感じるはず。コーヒーにこだわりがある人ほど一般的なコーヒーマシンは敬遠しがちで、安定した圧力が出せるものを選ぶ。デロンギの製品はこの「安定した圧力」に定評があり、デロンギファンのみならず、多くの人に受け入れられている。

最高級のマシンで楽しめる味





【深煎りコーヒー】

「マイコーヒー」設定の抽出量は1杯20〜180cc、「カフェ・ジャポーネ」設定では120〜250ccとなる。抽出穴は2口あり、コップ2杯同時でも使用できる。



【ミルクアレンジ】

豊富なミルクメニューもエレッタ カプチーノ トップの魅力のひとつ。大人数で使う場合、その人の好みごとにメニューが変更できるので需要は高い。パーツ部をバラしての清掃も可能。

※『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋。

text風間拓