1千万円近い額を銀行員が別の口座へ(画像は『中時電子報 2017年10月25日付「首例!行員遭LINE詐騙匯出265萬 銀行遭罰300萬」(影/中天)』のスクリーンショット)

写真拡大

台湾・台中市にある上海商業儲蓄銀行豊原支店で銀行員が詐欺に遭い、顧客口座から265万元(約995万円)を詐欺犯が指定した口座へ送金する事件が起きた。犯人はLINEを通じて銀行員を巧みに誘導したという。『中時電子報』などが伝えている。

金融監督管理委員会銀行局によれば、犯人はある顧客の身分証明書番号と銀行の口座番号を入手した後、上海商業儲蓄銀行豊原支店に電話し電話番号や住所などの変更を申し出た。対応した銀行員は身分証明書番号などを照合した後、なんの疑いもなく情報を変更し、さらに促されるまま自身のLINEに犯人を登録した。犯人はLINEのメッセージ機能を使って銀行員に別の銀行への送金手続きを頼んだ。銀行員は指定された口座へ送金した後、電話がつながらなくなったことから詐欺に気付いたという。

銀行員が騙され送金に至ったケースは、台湾では今回が初めてとのこと。銀行局によると、今のところ顧客情報が大量に漏えいした形跡はなく、犯人がどのように個人情報を入手したのか調査を進めているそうだ。

また金融監督管理委員会は、通常の送金手続きは顧客の預金通帳や振込取扱票に基づいて行われるべきで、そうした規定に従わず顧客情報を変更し送金を行った銀行員の対応は規定に反するとして、上海商業儲蓄銀行に対して200万元の罰金を科した。さらに調査の中で銀行側にマネーロンダリング対策の不備が見つかり、別途100万元の罰金も科されている。なお騙し取られた預金については、銀行が全額補償するということだ。

画像は『中時電子報 2017年10月25日付「首例!行員遭LINE詐騙匯出265萬 銀行遭罰300萬」(影/中天)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)