「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

就職氷河期と言われ続けている中、今年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は、大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、テレビ番組などを手掛けている制作会社の社員として働いている美紀さん(仮名・34歳)。

美紀さんは、肩につく長さの黒髪の内側にメッシュで明るい金髪を入れている。黒地に白文字でバンド名らしきものが印刷されたシンプルなパーカと、細身のダメージジーンズにスニーカーというファッションは、年齢よりも若々しい雰囲気だ。眉毛を描いただけの手抜きメイクで、目の下にはクマが見える。大学卒業後に入社した制作会社で働くようになって12年。テレビの情報番組のディレクターを担当するようになってもうすぐ3年目。まだまだ、仕事に対しては目標や夢が沢山あるという。

「10年女子」は、仕事が楽しくて結婚や出産のタイミングを逃してしまうタイプも多い。最近の20代OLは、そんなアラサー、アラフォーの姿を見て早々と結婚を決めてしまう傾向があるそうだ。美紀さんは、結婚よりも仕事の方が楽しいと感じている。今、同棲している彼氏はいるけれど、結婚は考えていない。女性が少ないと言われているテレビ業界で、これまで10年以上の間培ってきたキャリアを手放すと、もう戻る場所がなくなると思っている。

美紀さんは静岡県静岡市で生まれ育った。小学校教諭だった父と、子育て支援センターのスタッフとして働いていた母の間には、5歳上の兄と、2歳上の兄がいる。小さい頃は父が教えていた剣道や、兄たちが習っていた空手の練習に一緒について行っていた。中学くらいまでは、普段着もジャージが多く、制服以外でスカートをはくことが少なかった。美紀さんの父はしつけに厳しかったので、テレビを見ながら食事をすることや、挨拶ができないと、人前にもかかわらず大きな声で怒る人だった。この経験が、いわゆる体育会系と呼ばれる映像業界で働くときに、役立っている。

中学に入学すると、休みの日に家族そろってバラエティー番組や、お笑い番組を観るのが楽しみになった。いつもは厳しい表情の父親が、テレビを観ている時だけは笑顔を見せたのが、美紀さんが映像業界で働きたいと決めたきっかけのひとつになった。しかし保守的な両親は、美紀さんに地元の大学に進学して、教師や公務員になるのを望んでいるのも気づいていた

高校では、マスコミに就職が有利な有名大学に合格できるよう、受験勉強に励んだ。勉強がつらくなると、大好きなバンドの曲をヘッドホンで聞いて自分を奮い立たせた。高校2年生の時に、一度だけ友人と東京まで好きなバンドのライブを見に行ったことがある。その時に、親には内緒でテレビ局の施設見学にも出かけた。その時にガラス越しに見たテレビ番組の収録風景が、美紀さんの「上京してテレビの仕事がしたい」という気持ちを後押しした。この時から、恋愛よりも仕事の方に興味があったのかもしれない。

就活は惨敗…。下請けの制作会社に入社するが…

高3になり、親に「東京の大学に進学したい」という希望を告げると、「大学だけなら」という条件付きで、東京の大学に進学を許してもらった。大学では、それまで興味があった軽音楽部に入部。楽器は大学に入ってからやり始めたので一番下手だったが、仲間内でライブハウスを借りてライブをしたり、学園祭で狭い教室の中で歌ったり、「イベントごと」が大好きな性格に気づいた。

同じサークルに所属していた彼氏には、よく「女のくせに」と言われて喧嘩になった。彼氏がフェミニンなファッションの同級生を「可愛いなあ」と褒めるので、美紀さんは意地になってジーンズしかはかないようにする。何度もくっついたり別れたりしたが、彼氏の留年が決まると、彼女の方から別れを告げた。

就職は、キー局と呼ばれている東京のテレビ局や、地方のテレビ局、ケーブルテレビの制作会社など、日程があえば説明会に出向きエントリーをした。マスコミ対策が甘かったため、不採用が続く。4年生の夏になり、まだ内定を手にできなかった美紀さん。今度は、「AD募集」で検索し、テレビ局ではなく制作会社を中心に就活を行なった。

ある会社の面接では「どうしてこの業界を希望しましたか」という定番の質問以外に、「徹夜とか平気?」「今、付き合っている人とかいますか?結婚とか考えているなら難しいよ」というストレートな質問を投げかけられる。「結婚願望とかないので、ずっと働き続けたいです」と答えて、内定を貰う。でも、あの時の答えが、まさか現実になるとは思いもよらなかった……。

実家にいた頃は、テレビのチャンネル権は父が決めていたので、好きな番組が自由に観られなかった。

仕事が忙しすぎて、気づけばアラサー!周囲からの「結婚はしないの?」プレッシャーに、耐える日々。〜その2〜に続きます。