小泉孝太郎、「池の水」シリーズに逆オファー!/(C)テレビ東京

写真拡大

テレビ東京系ほかで11月26日(日)に放送の「日曜ビッグバラエティ『緊急SOS!史上最大の池に異常発生!怪物10000匹!?池の水ぜんぶ抜く大作戦5』」(夜7:54-9:54ほか)に、小泉孝太郎が参戦する。

【写真を見る】小泉孝太郎、とんでもないスケールの外来種捕獲に挑む!/(C)テレビ東京

同番組は、日本各地の池の水を抜き取り、潜んでいる生物を調査するシリーズ第5弾。過去4回放送され、高い視聴率を記録するなどいずれも大反響を呼んでいる。

小泉は、番組史上最大の池となる大阪・山田池公園の管理事務所から「大阪でも有数の野鳥がいる山田池から、カモの雛などを襲って食べるライギョなどの外来種を駆除してほしい」との依頼を受け、水抜きに挑戦。

実は今回小泉が、ドラマの現場で「池の水抜いてみたい」と話していたことが伊藤隆行プロデューサーまで届き、番組への出演が実現したという。

伊藤Pは「私、ようやく分かりました。池の水をぜんぶ抜くと…“想定外”しか出て来ません。今回は小泉孝太郎さんが“ありえない光景”に遭遇します。今年に入り合計17の池を抜きました。今回で早くも第5弾。予期せぬアレと、奇跡のアレが出てきました。この番組はドキュメントバラエティーです。起きてしまった事はそのまま放送します。テレビの前で、私たちスタッフと一緒にひっくり返ってください」とコメントした。

■ 小泉孝太郎コメント

――今回自ら手を上げていただいたということですが?

まずこの番組のタイトルからしてワクワクするじゃないですか。タイトルから「スゴい!」みたいな。何だこのワクワク感?っていうのも今まで感じたことがなかったです。

10数年前にスキューバダイビングの免許取ったんですが、その時も魚を見たり、海の中が気になりましたけど、一番興味あったのが海底の地形でした。普段は上から見て海面しか分からないところが潜ったら分かるじゃないですか。だから、それに通じるなと思って。

普段は池とか、どんな生物がいるとか分からない。でも水を抜いたらどんな地形かも分かるし、どんな生物がいるのかも見えてくる。そこのワクワク感を久々に感じましたね。

――ロケに向けての抱負は?

バラエティーのロケに参加させてもらって、自分で高揚してるなって。とにかく楽しみたいです。今回初めて目にする池にどんな生物がいるんだろうっていうのと、言い過ぎかもしれないですが「なんでも鑑定団」とコラボとかとんでもないお宝が出て来たら面白い、そのぐらいの気持ちでいます。