画像提供:マイナビニュース

写真拡大

SUBARUは10月20日、同社が中央翼の設計・製造に携っているボーイング787を使用した「SUBARUテックツアー ボーイング787『中央翼』体感フライト」を、SUBARU Web コミュニティの会員を対象にして実施した。

SUBARUは自動車メーカーであるとともに、大正6(1917)年創業の飛行機研究所をルーツとする航空機メーカーという一面も有している。SUBARUは787の中央翼を2007年の初出荷以来、787‐8、-9、-10合計で、既に650機以上を生産している(2017年9月現在)。

今回のフライトは、JALとして初就航となる成田空港=旭川空港を往復し、SUBARU製の中央翼が使用されているボーイング787の乗り心地を楽しむというもので、機内ではSUBARU航空宇宙カンパニーの技術者が「SUBARUの航空機作りの考え方」についてレクチャーを実施した。また旭川空港では、JALオリジナルの自動車輸送サービス「J SOLUTIONS WHEEL」を使って空輸した「SUBARU BRZ」(1台)の積み下ろしのデモンストレーションの見学も行われた。