▽ヴィッセル神戸に所属するブラジル人MFニウトン(30)に今シーズン限りで退団する可能性が高まった。

▽ニウトンは、コリンチャンス、ヴァスコ・ダ・ガマ、クルゼイロ、インテルナシオナウといったブラジルの複数名門を渡り歩いた後、2016年夏から神戸でプレー。今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ23試合に出場して5ゴール2アシストの活躍を見せるプレー面だけでなく、加入以来、気さくな性格でもサポーターから親しまれている優良助っ人だ。

▽だが、ブラジル『globoesporte』によれば、ニウトンは今シーズン終了後、母国に復帰する見通し。神戸との現行契約が2018年6月まで残っているが、新たな助っ人獲得を狙うチームの外国人枠確保の関係で、余剰戦力として放出される見込みだという。なお、そのニウトンを巡り、既にブラジルの数クラブが獲得に乗り出しているとみられている。