10月28日から一般公開される東京モーターショー2017。会場の東京ビッグサイトの中の出来たばかりの東8ホールにあるR-Specブランドでお馴染みのData System。

今回の東京モーターショー2017でも多数の新製品が発表されました。その新製品が導入されているマツダロードスターがデモカーとして展示されています。

まず注目したのがドライブレコーダーとしては最後発ながら品質と性能でライバルに差をつけている「ハイスペックドライブレコーダーDVR3000」。

このDVR3000、なにがスゴイかってとんでもなく高精細な映像がところがスゴイ。よくショッキング映像などで海外のドラレコ映像がテレビやネットで配信されていますが、あんな荒れた動画とはおさらばです。

DVR3000はモニター付のドラレコなので、Data Systemのコンパニオン沢すみれさんにデモカーの前に立っていただき、実際にドラレコのモニターに映ってもらいました。本体モニターだけでもこれだけ高精細!

フルハイビジョンを超える2304×1296ピクセルで録画することで必要な記録がより鮮明に映し出されます。また最近増えたLED信号機にも対応し、録画した信号機の表示が消えてしまうこともありません。どれだけ美しいかは下のでも映像をご覧いただければすぐにわかります。

これだけ鮮明ならば万が一のときにもかなり役立ちます。

続いてはブラインドサイドカメラ。死角になりやすいクルマの側面を確認するためのカメラです。

スタイリッシュなフィンデザインのカメラは車種やデザインを選ばずに装着可能です。

カメラが捕らえた実際の映像を見ると、映し出す「視界」がかなり広いことがわかります。

そして、ミニバンやSUVに特にお勧めしたいのはルームミラーモニターカメラと接続することでリアシートに乗員が乗っていようが荷物で後方視界が遮られようが、モニターには正確な後方視界が映し出されます。

最近では純正採用車種も増えてきましたが、それらはアングル固定であくまでバックミラーの代わり。この製品は、リバースギアに連動して、下向きのアングルに自動で切り替わりますので、バックカメラとしても使えます。車内にモニターがなかったり、装着できないクルマにもいいですね。

これらの快適で安心、安全なドライブのためのニューアイテムが満載のR-Spec Data System出展ブース。東京モーターショーにおいでの際はぜひとも実物を確認してみては?

(写真・文:松永和浩)

【関連リンク】

株式会社データシステム https://www.datasystem.co.jp/

 

【東京モーターショー2017】ついにData Systemからドラレコ登場! R-Spec「ハイスペックドライブレコーダーDVR3000」はビビるくらいに高精細(http://clicccar.com/2017/10/27/524515/)