亜大時代は指名漏れを経験し、社会人では侍ジャパンも経験したトヨタ自動車・藤岡【写真:Getty Images】

写真拡大

かつての屈辱から成長、悲願叶えた選手が続々…トヨタ自動車・藤岡、亜大・高橋ら

 2017年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、グランドプリンスホテル新高輪で行われ、支配下、育成を合わせ、計114人が指名を受けた。7球団競合の末に日本ハムが交渉権を獲得した早実・清宮幸太郎内野手ら、話題を集めた選手が指名を受けた一方、かつて一度は指名漏れを経験しながら、悲願のプロ入りを掴んだ選手がいる。

 ロッテ2位指名のトヨタ自動車・藤岡裕大内野手は、亜大時代にプロ志望届を提出しながら指名されず。当時はショックのあまりに寝付けず、朝まで泣き続けたという。しかし、社会人の名門で着実に成長。今季は西武で大ブレイクした源田壮亮の後を継ぎ、ショートを守っている。あの日の涙をバネにした成長を糧に、プロでも飛躍を狙う。

 ほかにも、2位指名では指名漏れ経験者がズラリ。阪神の亜大・高橋遥人投手は常葉学園橘で、DeNAの神里和毅外野手は中大で、オリックスの日立製作所・鈴木康平投手は国際武道大で、日本ハムのNTT東日本・西村天裕投手は帝京大で、それぞれ当時は指名されず、12人のうち、5人が指名漏れを味わっている。

 また、巨人5位指名の日立製作所・田中俊太内野手は東海大時代に指名されず。広島・田中広輔内野手を兄に持つ俊足好打の好素材は、兄弟でのプロ入りを叶えた。

当時は大きなショック、東京六大学で二塁打記録を樹立した“ミスターダブル”も…

 ロッテ4位指名の日立製作所・菅野剛士外野手は明大で東京六大学新記録の二塁打28本を記録し、“ミスターダブル”を呼ばれた逸材。プロ志望届を提出したチームメートの高山俊(阪神1位)、上原健太(日本ハム1位)、坂本誠志郎(阪神2位)の中で唯一、指名されず。当時は大きなショックを受けたが、社会人で持ち前のバットコントロールを磨き、悲願を成就させた。

 上位にズラリと揃うほか、立命大出身のオリックス8位・山足達也内野手などが指名漏れを経験している。

 指名漏れといえども、現役選手でもDeNAの不動の守護神・山崎康晃投手(帝京→亜大)、シーズン歴代最多安打記録を持つ西武・秋山翔吾外野手(横浜創学館→八戸大)のように、屈辱を味わって成長し、プロで第一線まで飛躍を遂げた選手もいる。

 今回、積年の野望を結実させた選手たちが、プロでどんな活躍を見せてくれるのか。特別な思いをもって夢舞台に飛び込む逸材の活躍は楽しみだ。