TiCTAC別注モデル

写真拡大

 ミラノ発時計ブランド「オロビアンコ(Orobianco)」が、時計専門店「チックタック(TiCTAC)」の別注モデルを順次発売する。
 別注ウオッチは、日常を彩る華やかなアイテムとして「自分へ送るラグジュアリーウオッチ」がテーマとなっている。定番モデルとして人気の「Semplicitus」(1万9,000円〜2万円)は、シルバーとP.ゴールドのメッシュベルトを採用。それぞれグレーのレザーベルトが付属する。このほか、ブラックをベースとしたスタイリッシュな印象の「ELETTO」(2万8,000円)や、ブランド初となるバーガンディーカラーを採用したペアウオッチ「ORAKLASSICA」と「Aurelia」(各4万円)をラインナップする。
 10月27日から11月2日までの期間、チックタックでは「Orobianco」TiCTACフェアを開催。別注モデルに加えて、500本限定のスウェードベルトで仕上げた「Semplicitus」(1万9,000円)や、2014年に廃盤となったペアウオッチを復刻した「DELL NONNO/DELLA NONNA」(2万1,000円)など、新作モデルが販売される。