北朝鮮の朝鮮国家体育指導委員会の報道官は26日、同国の核・ミサイル開発に対する国際社会の制裁の影響がスポーツ分野に及んでいることをめぐり、米国を糾弾する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、「米国の卑劣でしつこい圧力によって一部の国々がわれわれと合意して平壌で行うことになっていた正常な往来競技が1年が過ぎるまで遅延しており、各国際スポーツ機構がわが国で主催することにすでに決定した2017年世界青年柔道選手権大会と2018年世界青年重量挙げ選手権大会がキャンセルされた」と述べた。

また、「特に、オーストラリアは2018年アジアサッカー連盟(AFC)U-19選手権大会資格競技参加のためのわが選手たちの入国を許可しなかった」と指摘した。

つづけて、「世界各国の人民間の友好と文明の発展を図るスポーツ活動は、不純な政治目的のいけにえになりえない」と強調した。

さらに、「米国が追随勢力を駆り出して繰り広げているわれわれのスポーツ部門に対する極悪な制裁は現代文明を破壊する行為であるばかりか、われわれの思想と体制を崩し、わが人民の文化生活の享受まで完全に阻もうとするところに目的があるということを示している」と主張した。

その上で、「米国が主権国家の体制転覆を狙って神聖なスポーツまで政治的に悪用しているが、各国際スポーツ機構は人類の平和と発展を図り、人間の体力発展と現代文明を促すスポーツの理念を固守しなければならない」と訴えた。