26日、韓国KBSワールドラジオは、中国で韓国の団体観光旅行商品が7カ月ぶりに登場したと報じた。写真はTHAAD配備に反対する中国の抗議活動。

写真拡大

2017年10月26日、韓国KBSワールドラジオは、中国で韓国の団体観光旅行商品が7カ月ぶりに登場したと報じた。

記事によると、中国河北省のある旅行会社が24日からオンライン上で11月の韓国団体ツアーの参加受付を開始した。テーマは「秋の韓国」で、旅行代金は1人1480元(約2万5000円)だという。

この旅行会社の関係者は26日、韓国ツアーの販売については認めた上で、高高度防衛ミサイル(THAAD)の在韓米軍配備に反発する中国で反韓感情が依然として根強いことから、社名は匿名にして欲しいと求めてきたという。

この旅行会社は河北省政府と関連があることから、中国で今後、訪韓ツアー販売禁止措置が解除されるシグナルと捉えることができるとの見方がある。現時点では、中国当局の立場は確認されていないが、肯定的に捉えることができるとの分析も出ているという。(翻訳・編集/柳川)