アウディのエントリーハッチバック『A1』プロトタイプを軽偽装の状態でキャッチしました。スクエアなヘッドライト、ワイド化されたシングルフレームグリル、大型エアインテーク、テールライトのグラフィックも確認できます。

次期型では、VW『ポロ』新型と共有する「MQB A0」プラットフォームを採用、ホイールベースを延長しボディを拡大。軽量化を図り剛性が向上すると見られており、リアクォータービューは、兄貴分『A3』スポーツバックに非常にしていることが分かります。

ハイテク面では、半自律運転技術、Wi-Fiホットスポット、スマートフォン・インテグレーションを装備し、12.3インチのTFTバーチャルコックピットディスプレイをオプションでセレクト可能となります。

パワートレインは6速MT、または7速スピードATと組み合わされる新開発1リットル直列3気筒ダウンサイジングターボ、および2リットル直列4気筒エンジンが予想されています。次期型では3ドアは廃止され5ドアのみとなるようです。

ベースモデルのワールドプレミアは、2018年秋頃。遅れて、高性能「S1」やハイエンドモデル「RS1」の登場にも期待できそうです。

(APOLLO)

今度はデカイ!アウディA1次期型、軽偽装プロトタイプをスクープ(http://clicccar.com/2017/10/27/525104/)