[ニューヨーク 26日 ロイター] - 26日の原油先物市場で、北海ブレント先物が2年3カ月ぶりの高値で終了した。サウジアラビアが世界的な供給過多を解消させるとの姿勢をあらためて示したことが背景。

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、2018年末までの原油減産合意の延長を支持するかとのロイターの質問に対し、「われわれは石油輸出国機構(OPEC)加盟国、および非加盟国のすべての産油国とともに取り組んでいくことにコミットしている。われわれは原油需給の安定化に向けたあらゆる措置を支持する」と述べた。

北海ブレント先物清算値<LCOc1>は0.86ドル(1.5%)高の1バレル=59.30ドル。2015年7月3日以来の高値となる。

米WTI原油先物清算値<CLc1>は0.46ドル(0.9%)高の52.64ドル。4月17日以来の高値となる。