10月27日放送の「ダウンタウンなう」に南海キャンディーズが登場

写真拡大

10月27日(金)放送の「ダウンタウンなう」(毎週金曜夜9:55-10:52、フジ系)は、ゲストがダウンタウン、坂上忍と共にお酒を飲みながら本音トークを繰り広げる「本音でハシゴ酒」企画。ゲストには、南海キャンディーズ、真矢ミキ、松本利夫が登場する。

【写真を見る】収録中に笑顔を見せるしずちゃん(中央)

南海キャンディーズは、しずちゃん(山崎静代)が好きになった大物芸能人らを実名で告白。山里亮太も、どうしても許せないという人気女性芸人やスタッフについてエピソードを語る。

そんな南海キャンディーズだが、山里は収録の様子を9月13日に放送された自身のラジオ番組「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(毎週水曜夜1:00-3:00、TBSラジオ)で話していた。

ダウンタウンと“コンビ対コンビ”としての共演は初めてだったという山里は「あんまり言うとイメージが壊れるから言ってなかったんだけど、しずちゃんは素人のとき、松本(人志)さんの元追っかけだったのよ」と、しずちゃんの過去を明かすと、松本人志と対面を果たして舞い上がったしずちゃんと共に空回ってしまったことを告白。「空回ってる僕らをお二人が成立させてくれて収録は終わるわけよ。でも、『こんなんやったっけ?山里』みたいな空気感で終わったわけ」と、フォローしてくれたダウンタウンへの感謝と不完全燃焼感をにじませながら振り返った。

そして、収録を終えて自宅に着いた山里には、しずちゃんから「ごめん」というタイトルのメールが届いたという。そのタイトルから「この失敗が、南海キャンディーズがもう1回気合を入れ直すためのいいきっかけになってるんだな」と思いながらメールを開いた山里。だが、「メールの文面見たら『女になってもうた!』ってすげー浮かれたメールきてんの」と、しずちゃんの浮かれっぷりが終わっていなかったことを告白。「どういう放送になるんだろうなあ…」と放送される内容を憂いでいた。

また、27日(金)放送の「ダウンタウンなう」では、前回のSPで未公開となった真矢ミキの衝撃発言や、松本利夫の結婚に至るまでの感動秘話や事務所の先輩後輩事情を紹介する。