北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は26日、反米・反戦闘争は正当な闘争であるとする署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「米国と南朝鮮のかいらい好戦狂らのヒステリックな北侵戦争挑発策動は朝鮮民族に取り返しのつかないおびただしい災難をもたらしている」と指摘した。

つづけて、「現実は、北・南・海外の全民族が反米・反戦、平和守護の旗印を高く掲げて米国とその手先らの北侵戦争挑発策動を粉砕するための全民族的闘争をいっそう力強く展開することを求めている」と述べた。

また、「南朝鮮の人民は、自分らの生命と安全を守るためにも思想と政見、主義・主張の差を超越して反米・反戦、平和守護闘争に大衆的に立ち上がらなければならない」と主張した。

その上で、「米帝侵略軍が南朝鮮に駐屯する限り、戦争の危険は解消されない」と強調した。