元大関「若嶋津」

写真拡大 (全2枚)

 元アイドルが久々に登場したのは、 ハレの場ではなかった。夫の元大関「若嶋津」(60)が倒れ、一時は重体になるなかで姿を見せた高田みづえ(57)。夫の健康サポートに心を砕いてきた彼女に、それは予期せぬ「硝子坂」だった。

 ***

 1977年に発売された高田みづえのヒット曲「硝子坂」。煎じ詰めれば、「あなた」との間に「硝子坂」が立ちはだかり、離れる決意をするという内容だ。

 もっとも、高田みづえと元若嶋津の二所ノ関親方との夫婦間に「硝子坂」はなく、部屋の近くの居酒屋の店主によれば、

「本当に仲のいい夫婦で微笑ましいんです。週に1回は、みづえさんと二人で普段着で来られ、2時間くらい食事して8時ごろには帰っていきます」

元大関「若嶋津」

 だが10月19日の夕方、親方が倒れた。サウナで倒れ、仮眠したのち自転車で帰宅途中にまた転倒。脳挫傷を起こしたのだ。一時は重体と伝えられたが、

「みづえさんにメールすると20日午後3時ごろ、“命に別状はない”と返信があって安心しました」(同)

 ひとまず「硝子坂」は避けられたのだ。その日、親方が訪れていた「船橋温泉 湯楽(ゆら)の里」という施設の従業員は、こう話す。

「部屋からうちまで2キロほど。親方は本場所でなければほぼ毎日、朝稽古が終わった9時ごろからジャージにサンダル姿で入浴に来て、1時間ほど風呂に入って軽食を食べ、 帰っていました。健康のためで、ジョギング姿もよく見かけました」

八角理事長

 先の居酒屋の店主も、

「親方はお酒は、安納という芋を使った焼酎をロックで5、6杯、おかみさんもビールや焼酎を飲む。でも揚げ物は一切食べず、野菜中心で、煮物や魚の煮つけが中心。とにかく健康には気をつけていて、健康診断やがん検診も欠かさず受けていると言っていました」

 そう語る一方で、

「実は、倒れる10日くらい前、親方が一人で店に来たとき、目が赤く疲れている様子だったので、注意してくださいと言ってタクシーに乗せまして、 その数日後、夫婦で来たときおかみさんに、親方が疲れているみたいだと伝えていたんです」

ポスト八角理事長

 ところで、相撲協会関係者はこんな話をする。

「八角が理事長になれたのは、二所ノ関一門が支持したからで、 次期理事長には、ともに二所ノ関一門の尾車、つまり元琴風と元若嶋津が有力視されています。でも、尾車は巡業部長時代に転んで生死を彷徨う大けがをしている。多忙な理事長職は若嶋津に譲るのではないかとみられていました」

 そんな夫を日々フォローする高田みづえについて、再び居酒屋店主の話。

「弟子たちは悩みがあるとおかみさんにメールで相談し、おかみさんは“こんな甘えたことを”と思うこともあると言っていた。東京での場所が終わった打上げの場では、後援者の前でみづえさんが『硝子坂』などの歌を披露するんです」

 献身的に部屋を支えるみづえおかみだが、先の相撲協会関係者は、

「親方を看病しながら、部屋を仕切るのは厳しい。その点、11月は九州場所で弟子たちは今週中に九州に移動するので、おかみさんの負担は軽くて済む。親方が倒れたのがこの時期だったのは、不幸中の幸いです」

 親方が回復に向かう硝子坂も短ければいいが。

「週刊新潮」2017年11月2日号 掲載