図1 事業創造フレームワーク  連載第4回、第5回では、事業創造フレームワーク2「準備期の利益方程式」について解説します。

写真拡大

3年で8つの事業を立ち上げた山口揚平さんによると、利益が出るしくみ(利益方程式)はたった4つのパターンに分けられ、これらのパターンを当てはめるだけで儲かるビジネスモデルができるそうです。
また「人類が発明した最強のビジネスモデル」がわたしたちの身近にあると指摘します。それは一体どの業種のことでしょうか。

コンセプトの次は
「利益方程式」を考案する

 利益方程式とは、利益が出る「構造」のことである。売上がどの時期にどの程度入り、費用がどの程度かかるのか、そして利益はいつ頃からどの程度得られるのか、といったように、キャッシュの出入りによって表現される。事業創造のためには、この利益方程式を明確につくることが必要である。

 最も著名な経営学者の1人であるピーター・ドラッカーも計画の重要性を説いている。利益方程式は事業の青写真ともいえる。

 まだ始めていない事業の利益方程式をつくることなどできるのか、と思う人もいるかもしれない。利益方程式はあくまで仮説だ。しかし、仮説にすぎないとしても、利益方程式は絶対に考案すべきである。市場調査やユーザーインタビュー、開発費やオペレーションコストの見積もりが必要だ。

 利益方程式には細かい数字は必要ない。大局的な構造をとらえることに意味がある。社内外問わず、コミュニケーションツールとして有益である。具体的には、いつ、どれくらいの収益/損失が出るのか、どの程度のリスクであれば許容できるのかなどについて、社内でコンセンサスを取ることができる。社外で資金調達に役立てることも可能だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)