山手線をノンストップで1周する「夢さん橋号」。なんと車内でプロレスも行われた(筆者撮影)

「遊び気分で参加するなら、今すぐ帰ってください!」

10月9日、午前11時。大崎の秋の風物詩となったイベント「しながわ夢さん橋」でにぎわう大崎駅近くの一角で厳しい声が響いた。声の主は、実行委員長の綱嶋信一さん。その周囲では、「しながわ夢さん橋」のハイライトとなるJR山手線貸切列車「夢さん橋号」の運営をサポートする100人前後のボランティアスタッフたちが、これまた真剣な表情で綱嶋さんの言葉に耳を傾ける。

「昔はね、偉そうな態度を取っている大学のセンセイとか、ヘラヘラしてる学生とか、胸ぐらをつかんで帰らせたこともありますよ(笑)」。綱嶋さんはこう言って笑う。

今年で30回目の「夢さん橋号」


夢さん橋号の「大崎発大崎行き」切符(筆者撮影)

今年で30回目となる「しながわ夢さん橋」と山手線「夢さん橋号」の運行。現在、JR以外が主催する形で山手線内を貸し切りで運行する列車はこの「夢さん橋号」があるだけだ。超高頻度運転を行う山手線のダイヤのすき間を走る貸し切り列車だけあって、「もしも参加者に事故でもあったら、もう二度とできない」(綱嶋さん)という緊張感が、冒頭の綱嶋さんの厳しい言葉のゆえんだ。

「でもね、夢さん橋号に乗るスタッフは事前に募集しているわけじゃないんです。当日どれだけ集まるかは、来てみないとわからない。だから今年で30回目になりますけど、数十人しか来なかったこともあるし、200人くらい来たこともあるんです」(綱嶋さん)


大崎駅前に集合した「夢さん橋号」のボランティアスタッフら(筆者撮影)

ダイヤのシビアな山手線での貸し切り列車、さらに参加者の中には体の不自由な人たちも含まれる。少しの手違いも許されないイベントならば、参加スタッフに対して何度も事前研修を行いそうなものだが……。

「だって、ボランティアですから。事前に募集したって当日になって来なくなる人もいるかもしれない。アテにはできないんです。むしろ当日になって来てくれた人にきちんと仕事をしてもらえれば、それで十分です」(綱嶋さん)

いわば”ぶっつけ本番”の夢さん橋号というわけだ。そのため、参加者にどのような仕事を割り振るかは主催者である実行委員会のスタッフが当日になって決めていく。参加者を車内に誘導するまでの流れの確認、約1時間の運行中に行うじゃんけん大会などの流れの確認、さらには“演者”として夢さん橋号に乗る人たちの段取り……。

11時に集合してから、車内に参加者を誘導する14時過ぎまでの間にこれらをテキパキと割り振り確認し、準備を進めていくのだ。

「ま、とは言ったって、われわれ30年やってますから。慣れたもんですよ(笑)」(綱嶋さん)

「1周」だけじゃないイベントの数々


メインステージで行われた1日駅長の任命式(筆者撮影)

瞬く間に準備の時は流れ、13時30分からは「夢さん橋」のメインステージで1日駅長の任命式が行われる。ここには綱嶋さんはもちろんのこと、大崎の町の”ゆるキャラ”大崎一番太郎、そして1日駅長を任命する大崎駅長も白い制服に身を包んで参加する。

「まだ5本しかないE235系をこのイベントのために用意しました!」という大崎駅長の発言に、ひときわ大きな歓声が上がる。そして今回の1日駅長は、毎年このイベントに協力してきたという声優の中谷一博さん。同じく声優の林りんこさんと結婚……ということもあって、今回は2人が白いタキシードとウエディングドレスに身を包んで参加することも発表された。

「今年はこんな感じですが、毎年何かひとつ趣向を凝らしたイベントを用意しているんです。普通に山手線を1周するだけじゃつまらないですから(笑)」(綱嶋さん)


30回目の今回は山手線の最新型E235系が使われた(筆者撮影)

晴れやかな1日駅長任命式が終われば、いよいよノンストップ山手線「夢さん橋号」への乗車である。大崎駅前には、抽選で当選した1000人以上の参加者が長い行列を作る。JR大崎駅からも複数の駅員が”出動”し、安全かつスムーズな誘導に向けて準備万端。列車が発車する15分ほど前から、自動改札横の団体客用入場口を通ってホームへと案内されていく。

行先表示器に「団体」の文字を表示したE235系に、次から次へと参加者たちが乗り込んで、思い思いの場所に陣取る。11両の長い車両は、あっという間に参加者たちでいっぱいに。子ども連れの家族が大半で、今から始まる山手線1周ノンストップの旅に思いを馳せ、興奮は出発前からもはや頂点。そしておおよそ14時半に1日駅長中谷さんの「出発進行!」の声のもと、列車は動き出す。

なんと車内でプロレスも

走り始めたノンストップ「夢さん橋号」。”ノンストップ”の名のとおり山手線を1周するけれど、途中駅で扉が開くことはない。ダイヤ上の都合でわずかに停車する駅もあるが、大半の駅は速度を落としたままゆっくりと通過していく。車内の参加者たちは、渋谷・新宿・池袋・上野・秋葉原・東京の各駅通過時にホームの一般客たちに手を振るのがこのイベントの”お約束”だ。

「みなさん、思い切り手を振ってくださいね。きっとホームの人たちはびっくりするから。乗れると思った列車の扉が開かずに、中からたくさんの人が楽しそうに手を振ってるんですから」


車内でライブを行った白雪ありあさん(筆者撮影)

綱嶋さんは、最後尾の11両目から車内放送で参加者に呼びかける。確かにその言葉のとおり、ホームで電車を待つ人たちは呆気にとられた表情。手を振り返してくれたのは、外国人観光客とおぼしきグループくらいなものだった。

車内でのイベントはこれだけではない。鉄道アイドル・白雪ありあさんが先頭の1号車側から最後尾に向かって練り歩きながらのリサイタル。さらに女子プロレス団体「アイスリボン」のメンバーが見せる前代未聞の”山手線プロレス”には参加者たちもやんやの喝采だ。

大崎警察署から参加したピーポくんが車内を歩けば、子どもたちは飛びつくように大興奮だし、大崎駅長に帽子をかぶせてもらっての記念撮影も大人気。ほかにもダンスあり、音楽あり、じゃんけん大会あり……と、普段の通勤電車・山手線の車内がパーティ会場になってしまったかのような”お祭り騒ぎ”が続く。


通過する駅ホームの人々に向かって手を振る乗客。これは新宿駅(筆者撮影)

「まもなく東京駅を通過します。あの東京駅を通過する電車なんて、もう二度と乗れないかもしれませんよ!」

こうして車内を盛り上げる綱嶋さんの車内アナウンスもさすが30年のキャリア。最初はどこか不安げだった子どもたちも、興奮を抑えきれない子どもを諫(いさ)めるのに必死の親御さんも、気がついたときには一緒になってノンストップ山手線の“非日常”を楽しんでいた。


車内で手をつなぎ、輪をつくる参加者たち。ノンストップ1時間の旅ももうすぐ終点だ(筆者撮影)

東京駅を通過すると、綱嶋さんのアナウンスを合図に車内で参加者・スタッフが手をつなぎ、全員で1つの輪を作る。そして「幸せなら手をたたこう」をみんなで合唱。綱嶋さんの涙ながらの最後のあいさつが終わると電車は大崎駅に滑り込み、約1時間の「夢さん橋号」の旅は終わりを告げる。

「なんだかね、こうやってみんなが喜んでくれるのを見るとつい涙が出ちゃう(笑)。普段、通勤や通学で乗っている山手線の中で、1年に1度だけこうやって騒いで楽しむのもいいものでしょう。何度も乗ってくれるリピーターも多いんですよ」(綱嶋さん)

夢を与える手作りのお祭り

突然乗れない電車がやってきて、お祭り騒ぎの車内から手を振られた一般の乗客たちには申し訳ないけれど、確かに「夢さん橋号」の1時間は夢のような旅だった。大崎駅は、山手線の車両基地も隣接する文字どおりの”山手線の町”だ。山手線愛では誰にも負けない綱嶋さんたち主催者と地元品川区の参加者たちだからこそ、走らせることができる夢の山手線なのだろう。最初は緊張した面持ちで同乗していたJR東日本の社員たちも、旅が終わったときには一様に笑顔だ。

「このお祭りはね、大きな代理店とかイベント会社はいっさい入れていないんです。地元の商店会や住民、企業が集まって手作りでやっている。それでもこれだけみんなに夢を与えることができるし、楽しんでもらえる。本当に地域を盛り上げるお祭りって、こういうものだと思うんです」(綱嶋さん)

「夢さん橋号」が去った夕方の大崎駅のホームは、普段と同じ静寂を取り戻した。駅周辺の再開発が進み、利用者数の伸び率は山手線駅でも随一の大崎駅。そこを起点に、これからもたくさんの参加者の夢を乗せた「夢さん橋号」は走り続けることだろう。