iPhone XでAppleが新たに採用したセキュリティー認証はFace ID(顔認証)ですが、ライバルであるSamsungの場合は、来年発売予定のGalaxy S9(仮称)でも指紋認証を引き続き採用する可能性が高そうです。

Galaxy S9で指紋認証がディスプレイ側に復活?


 
新たに公開された特許によると、Samsungはディスプレイ下部にノッチ(切り欠き部分)を設け、そこに指紋認証を埋め込む技術を開発しているようです。ノッチの形状はEssential Phoneに似ていますが、この特許ではノッチはカメラではなく指紋認証センサー向けなのがポイントです。
 

Essential Phoneのノッチはディスプレイ上部にある。指紋認証は背面


 
Galaxy S8やNote 8こそ指紋認証センサーは背面に搭載されていますが、Note 7までは前面のホームボタン上に配置されていたことを思うと、原点回帰と言えるのかも知れません。早ければGalaxy S9に搭載されることが予想されるものの、裏を返せば、ディスプレイ上に指紋認証センサーを埋め込む技術の活用が見送りとなることを意味します。
 
指紋認証センサーがディスプレイにはみ出すようにして下部中央に配置されていると、テキストのスムーズな閲覧を妨げそうな気もしますが……。

Samsungが指紋認証にこだわる理由

Samsungが来年も指紋認証にこだわる理由は幾つか考えられるでしょう。
 
1つ目は、そもそも顔認証がユーザーに受け入れられるかどうか分からないという点です。
 
iPhone Xでは、これまでのように指を端末に当ててロック解除するという動作ではなく、スマートフォンに顔を向けるという動作がセキュリティ認証で求められるようになります。はたしてユーザーがこの変化をすんなりと受け入れるかどうかは謎で、過去にはApple自身も顔認証から指紋認証に戻すプランを用意していると言われていました(その後、全面的に顔認証で統一するというレポートも登場)。
 
2つ目は、技術的障壁があるという点です。
 
顔認証を可能にする3Dセンサーについては、Appleの技術が他社よりも約2.5年ほど先んじていると考えられています。それは、SamsungがGalaxy S8で採用した顔認証が、写真でも突破できてしまうという事実からも明らかでしょう。したがって、下手にAppleに追随するよりも差別化を行うべく、指紋認証の技術を高めるほうが理に適っていると言えます。
 
 
Source:GSMArena
(kihachi)