テレビ番組で識者やコメンテーターが連日「分析・解説ショー」を繰り広げている、衆院選の自民党圧勝劇と希望の党の惨敗劇。しかし、小池百合子氏が「小泉(純一郎との密談)にはじまり、進次郎に終わった」と言えるほど、最後は「小池 vs 小泉進次郎」という、自民党が作り上げた構図に悪乗りしたテレビ報道こそが同党に大勝利にもたらしたようです。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者で元全国紙の社会部記者だった新 恭(あらた・きょう)さんは、こうしたテレビ報道に対して批判的な論を展開しています。

メディアは自民党の進次郎イメージ戦略に悪乗りし過ぎ

立憲民主党の枝野旋風が駆け抜けた斬新さはあったものの、とどのつまり自民党が総選挙に圧勝し、「安倍一強」のどんよりした政治風景が続きそうである。

追い込まれていたはずの安倍自民党がなぜ、これほどまで議席を獲得できたのか。野党陣営の分裂とか、オウンゴールとかいう見方は当然あるだろう。小池百合子氏のいわゆる「排除」の論理で、追い風が一転、逆風に変わったのも事実だろう。

だが、自民党が繰り出した「奥の手」を見逃すわけにはいかない。巧みなイメージ戦術を仕掛け、まんまとテレビ各局がそれに乗ったのである。

「小池百合子vs安倍晋三」ではなく、「小池百合子vs小泉進次郎」の構図をつくりあげたのだ。むろん視聴率競争というテレビ業界の構造が巧みに利用されたといえる。

東京都議選における安倍総理演説の失敗。聴衆の「安倍辞めろ」「安倍帰れ」コールに対し、キレやすい安倍首相が「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と叫んだことがメディアの餌食になり、大敗につながった。

その教訓から自民党本部の広報宣伝部門は、総選挙において、安倍色を薄め、別のカラーに塗り替える作戦を立てた。言うまでもない。「小泉進次郎」という色だ。

愛嬌、弁舌申し分ない自民党のスターを選挙の顔にし、適度な自党批判もまじえて自由闊達に発言させ、自民党の人材の多様性をアピールする。その一方で、安倍首相には「北朝鮮危機」「経済政策の成果」PRなど、決められたセリフと「ご当地用」のお世辞ていどに発言を限定してもらう。

いかに子供じみたところがあるとはいえ、一時は土壇場に立たされ、田原総一朗氏に打開策の指南を仰いだ安倍首相である。選挙に勝つためなら、自分が主役でなくてもいい。そう思うくらいの度量は持ちあわせているだろう。

自民党は公示直前まで安倍首相の街頭演説のスケジュールを事前に公開しなかった。知らせれば「安倍辞めろ」コールをする人々が集まってくる。安倍首相が癇癪を起こせば、都議選の二の舞になるかもしれない。そんな恐れからだ。

首相の演説日程を秘密にするなどということは前代未聞である。当然、記者クラブは自民党本部に抗議した。すると自民党は渋々、公示日の10日のスケジュールから公表し始めた。

この選挙戦で安倍首相は小池批判を封印した。野党の安倍批判を、「愚直に政策を訴える」という姿勢でかわすためだ。10月10日、福島での公示後第一声で野党にふれたのはこれだけだった。

この選挙、相手は共産党、社民党と一緒になって私達を倒そうとしている。どういう日本をつくろうとしているのか。

相手とは当然、立憲民主党のことだ。希望の党とか小池代表の名は出てこない。演説の中身の多くは北朝鮮の核、ミサイル、拉致問題への取り組みに割かれた。

10月20日、神奈川県厚木市での街頭演説では、「自民党が政権を失った時、決して看板を掛け替えようなんて考えなかった」と、希望の党へ一部議員がなだれこんだ民進党を批判した。だが、この時も希望の党や小池氏の名前は出さなかった。

小池批判は小泉氏が引き受けたように見えた。これが実に言葉巧みだった。そのためにテレビ各局が食いつき、その後クセになった。

テレビ番組が最初に取り上げたのは、9月28日の衆議院解散後、報道陣に小泉氏が語ったこの発言。

小池さん、(衆議院選に)出てきてください。…小池さんが選挙に出て戦ってくれた方が、有権者も分かり易い。(二足のわらじではなく)一つの靴を履いて、出てきてください。

10月1日の東京都練馬区での演説では、小池氏の苦境をからかってみせた。

都政を投げ出す無責任。逆に、出なければ出ないで無責任。なぜか。せっかく民進党をなくしたのに、出てくれないんですか。出ても無責任、出なくても無責任の、無責任のジレンマに陥った。

さらに選挙戦初日の10月10日、東京・JR池袋東口の街頭演説では、「感謝」というゆとりの言葉で、希望の党の迷走ぶりを冷笑した。

小池さんに心から感謝をしたい…1つは、自民党に野党時代を思い返す良い機会を与えてくれた。私達に緊張感を与えてくれた。…選挙目当てにいろいろやっても、有権者は見抜くという事。ありがとう。

期待通り、小泉氏は全国20都道府県70か所をまわり、人たらしとも思える「千両役者」ぶりを発揮した。紋切型ではなく、当意即妙の話しぶりで、街頭演説の聴衆を魅了した。メディアは小泉氏から片時も目が離せなくなった。

小泉氏は自民党の筆頭副幹事長である。二階俊博幹事長のもとには、幹事長代行が1人、幹事長代理が3人いて、その下に副幹事長が小泉氏を含め24人いる。つまり、本来なら小泉氏は、メディアからあたかも自民党を代表するような取り扱われ方をする立場ではない。

稀有なタレント性ゆえに、選挙中であるにもかかわらず不公平そのもののスポットライトを浴びる。都知事選でジャンヌダルクのように敢然と立ちあがった小池百合子氏も同じように扱われ、話題をかっさらってブームに乗った。

こんどは小池氏が、アイドルのごとく騒がれる小泉氏のシニカルな「口撃」を浴びる立場になってしまった。さぞかし、下村博文氏、石原伸晃氏、萩生田光一氏ら自民党東京都連の連中は脳内に快感物質があふれただろう。

さて、小池百合子氏の自滅と、小泉進次郎氏のパフォーマンスで圧倒的な勝利を手にしたように見える自民党に、死角はないだろうか。

これで自民党が信任されたと高をくくっていたら、実態と甚だしく乖離する。自民党への批判票が野党の分裂で割れたため、自民党に実力以上の議席が転がりこんできたにすぎない。

野党統一候補が立っていれば、自民党は単独過半数を維持することさえできなかったはずだ。朝日新聞の以下の記事が参考になる。

「立憲、希望、共産、社民、野党系無所属による野党共闘」が成功していればという仮定のもと、朝日新聞は独自に、各選挙区でのこれらの候補の得票を単純に合算する試算を行った。その結果、「野党分裂型」226選挙区のうち、63選挙区で勝敗が入れ替わり、与党120勝、野党106勝となった。

実際には国民の気持ちが安倍政権から離れてかけているというのに、自民党はさまざまな要因が重なって大勝した。

そのため、かえって総裁交代の動機を失い、党刷新の機運はしぼんでしまう。むしろ深刻な状況に立ち至ったと見ることもできよう。

当選者が予想以上に多かったのはうれしいだろうが、それが党の将来にとってどうなのか。「より謙虚に」と口をそろえても、すこぶる怪しい。

安倍首相の森友、加計学園疑惑は、説明が足りて晴れぬ限り、追及され続けるだろう。アベノミクスによる出口戦略なき金融政策は是正されず、経済破綻のリスクは高まるだろう。次に自民党が瀬戸際に追い込まれるときには、押し返す余力は残っていないかもしれない。

かつて、派閥抗争に明け暮れた自民党には、カネが乱舞する悪がはびこった半面、闊達な議論のぶつかり合いによる政治的緊張があった。その分、一定方向に行き過ぎた権力を修正する能力も高かったといえる。

筆者が総括するとすれば、今回の総選挙で真に勝ったといえるのは、立憲民主党だけである。国民が制定する憲法は、政権が好き勝手できないように定めた最高のルールである。

これを本位として、市民目線で歩もうとする姿勢はしごく真っ当だ。じっくり国民がこの政党を育てていくべきだろう。

希望の党は小池氏の勢いにあやかる集団だが、小池氏の求心力が失せた今、党の存立自体が危うい。小池氏の都政運営さえも厳しくなった。

だが小池氏の理念にぴったり合う保守系議員は同党で初志を貫徹すればいいのではないか。いずれは小池氏も自民党への出戻りを画策するかもしれない。勝負に敗れ気弱になると「寄らば大樹」ということになる。その点では、小池人気を頼ってきた人たちと気が合うだろう。

話を戻すと、今回の選挙戦で希望の党の惨敗、自民党の圧勝を決定づけたのはメディア対応の差であった。

小池氏は民進党合流にからむ記者の質問に「排除します」と答えて、その場面がテレビで繰り返され、ネガティブな色がつけられた。自民党は、安倍首相の露出を最小限に抑え、詐術的な言葉づかいのできる小泉進次郎氏を自由に立ち回らせて、小池批判をテレビ電波に乗せることに成功した。

日々そうした映像を見る国民はしだいに「善の小泉」、「悪の小池」という絵柄を頭に刷り込まれる。

メディア利用の魔術師かと思われた小池氏が、自らメディアの罠にかかってしまうとは、誰も想像できなかっただろう。

それにしても、メディアは自民党の作戦に悪乗りし過ぎである。

MAG2 NEWS