シンガポール航空傘下のLCC(格安航空会社)、スクートの中長距離路線はすべて、ボーイング「787」型機で運航されている(写真:Scoot)

全日本空輸(ANA)が2019年に超大型機「A380」を導入、日本航空(JAL)は米ハワイアン航空と包括提携、LCC(格安航空会社)として初めてマレーシア・エアアジアXが参入――。

これらはすべて、日本とハワイを結ぶ航空路線のことだ。今後の競争激化に備え、各社とも入念な戦略を打ち出している。

そんな混戦模様のハワイ路線に、新たなプレーヤーが殴り込みをかける。シンガポール航空傘下のLCC、スクートだ。12月19日に、シンガポール―関西―ホノルル線を就航する。

ホノルルまで1.8万円という破格の値

「路線を決めるに当たって重要なのが、需要が満たされているかどうかという点。ハワイの場合は、航空マーケットが需要に追いついていない」。スクートの日本・韓国支社長、坪川成樹氏はそう指摘する。


激安の就航記念キャンペーン価格を発表したスクートの日本・韓国支社長、坪川成樹氏(右)と、ハワイ州観光局のミツエ・ヴァーレイ局次長(記者撮影)

10月4日から5日間限定で販売した就航記念キャンペーンでは、関西―ホノルル線が往復1万8800円からという破格の値で販売された。「諸税を抜いたら往復で8900円ほどになる。圧倒的な運賃体系で差別化する」と、坪川氏は胸を張る。

正規割引の公示運賃も2万2000円からという設定だ。ただ空席状況などで価格が日によって大きく変動するのがLCCの特徴であり、つねにこうした価格で販売するわけではない。年末年始の繁忙期では片道で10万円前後になっている日もある。

スクートが強みとするのは、機材設備。同社の中長距離路線はすべて、米ボーイングの「787」型機で運航されている。ホノルル線に投入される787-8型機はエコノミークラスが311席、高価格帯の「スクートビズ」が18席だ。

エコノミーの座席の前後間隔は約79センチメートル、横幅は約46センチメートルと、大手航空会社に比べ遜色ない。エコノミーでは有料だが、787全機に機内Wi-Fi、全席に電源用コンセントも備えるなど、通常のLCCよりも設備が充実している。


スクートのエコノミークラス(左)と高価格帯で座席の広い「スクートビズ」(右)(写真:Scoot)

スクートビズは、前後間隔は約96センチ、幅は約56センチのリクライニング可能な座席で、プレミアムエコノミークラスのような位置づけだ。空席状況によっては、エコノミーと数千円の差で買えることもある。Wi-Fiやコンセント、手荷物預け、自分のデバイスでの動画視聴、機内食などが無料になっている。

「たとえ長距離の路線でも、快適性より運賃の安さを取る人は増えている。787は777ほど座席数は多くなく、それでいて燃費が良い。長距離LCCに適した機材だ」。LCCに詳しい航空経営研究所の森崎和則・主席研究員はそう分析する。

LCC最長路線で欧州にも進出

今年6月、スクートはLCCとして世界最長路線となる、シンガポール―ギリシャ・アテネ線を就航し、欧州に進出。坪川氏は「日本から欧州まで、1回の乗り継ぎですべてLCCで行けるようになった」とアピールする。


スクートはアジアだけでなく、欧州にも進出した(写真:Scoot)

今後はロサンゼルスやバンクーバーなど、米国やカナダの西海岸都市への就航も視野に入れている。「各都市から誘致を受けているのは事実だ」(坪川氏)。

平均搭乗率は約86%で、業績も順調だ。スクートの運営会社、バジェット・アビエーション・ホールディングスは2017年3月期に、営業利益で前期比約6割増となる6700万ドル(約75億円)を計上。2割の減益となった親会社・シンガポール航空と明暗が分かれた。

アジアの航空市場は、東南アジアのLCCや中国の大手航空会社の台頭で価格競争が著しく、各社の疲弊が激しい。活路として注目されているのが、中長距離路線というわけだ。

日本勢でもANAホールディングス傘下のバニラエアが、米国西海岸行きなど中長距離路線への参入を検討している。787を大量に保有するANAグループであることを考えれば、スクートと同様、787による運航となる可能性もある。


ノルウェジアン・エア・シャトルは今欧州で最も勢いのあるLCCだ(写真:Norwegian Air Shuttle)

今それ以上に台風の目となっているのは、欧州だ。注目株がノルウェーを拠点とするLCC、ノルウェジアン・エア・シャトル。2013年に787で欧州と米国を結ぶ大西洋路線に参入し、価格破壊を起こしてきた。今年9月に就航した英ロンドン―米シアトル線の最安価格は、片道179ユーロ(約2万3000円)だ。

欧州大手が傘下に続々とLCCを設立

焦ったのが、欧州の大手だ。英ブリティッシュ・エアウェイズなどを傘下に持つインターナショナル・エアラインズ・グループは今年3月、スペイン・バルセロナを拠点に長距離LCC「レベル」を立ち上げ、6月から米国西海岸路線を就航。運賃は片道99ユーロからの設定だ。


スペイン拠点の「レベル」は、LCCとしては珍しくすべての座席にモニターがついている(写真:LEVEL)

独ルフトハンザグループでは、傘下のLCC「ユーロウイングス」が2015年に長距離線へ参入。ドイツ・ケルンから米国やタイなどへのレジャー路線を運航する。

仏エールフランスは、出遅れたものの今年12月にLCC「ジューン」を飛ばし始める。当初は欧州域内路線が中心だが、来年には南米への就航を予定する。運賃は249ユーロから。18〜35歳の「ミレニアル」世代を対象としており、若者を意識したブランドにしたい考えだ。

欧州での競争激化の背景には、大西洋路線が片道7時間前後と、10時間以上の太平洋路線よりも短く、LCCが参入しやすいということがある。とはいえ、先行したノルウェジアンもまだ利益がついてきていない。「中長距離LCCについては、”勝利の方程式”がまだ誰にもわからない。皆が試行錯誤を始めた段階だ」(日系LCC幹部)。

短距離LCCが各地で仕掛けた航空競争は、さらに新たなステージへと突入した。大手もLCCも、生き残りの策に頭を悩ませる日々が続きそうだ。