解散総選挙で自民党は大勝。バブルが避けられない?(撮影:尾形文繁)

10月の日本株は「絶好調」。23日にはついに連騰記録を更新した。この間、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな取引をしていたのだろうか。いつものように株日記で振り返ってみよう。

神戸製鋼所を持っていなくてよかった


この連載の一覧はコチラ

【10月10日 火曜日】なんと、神戸製鋼所(5406)が「アルミ、銅製品でデータ改ざん」しており、200社に影響と報道。本日、終値300円ストップ安(大引け1本値)の1068円。値下がり率21.93%で第1位。出来高は、121万7300株。

私は、2014年3月12日に神戸製鋼所を公募価格と同じ138円で7000株買い、2015年1月5日に210円で売っており、それ以来一度も売買はしていないのだが、保有している間でなくてよかったな。

財務省の発表によると、8月の国際収支統計は、2兆3804億円の黒字(38カ月連続黒字)で、8月としては過去最高の黒字額(前年同月比+20.8%)だそうだ。輸出が堅調で輸出企業の業績がよさそうだ。16時、保有株のリソー教育(4714)の2018(平成30)年2月期第2四半期決算が発表された。売上高は、108億1400万円(対前年8.5%増)、純利益は、5億0300万円(対前年8.6%増)とほぼ予定どおりでサプライズはなし。日経平均は、132円高の2万0823円と6日続伸。

【10月11日 水曜日】日経225先物は、20円安の2万0810円、NYダウは、69ドル高の2万2830ドル。

14時23分、日経速報メールによると、東芝株、東証が「特設注意」解除へ、と発表。東芝(6502)の株価は、1円高の318円と反応薄い。昨日300円ストップ安だった神戸製鋼所は、190円安(17.79%)の878円で引け、出来高は、1億7023万4300株と出来高、値下がり率共に第1位。

神戸製鋼所は、2016年10月より10株を1株に併合し、売買単元を1000株から100株にしているので、併合前だったら出来高は1ケタ多かっただろう。日経平均は、57円高の2万0881円と7日続伸で、2015年6月24日の2万0868円を上回り、20年10カ月ぶりの高値更新だそうだ。私は、株式投資歴32年だけど、あまり実感が湧かないな。振り返れば、それだけ相場が悪かったといえるのではないか(失われた20年)。

【10月12日 木曜日】日経225先物は、70円高の2万0940円、NYダウは、42ドル高の2万2872ドル。東芝は、12円高の330円。神戸製鋼所は、4円高の882円。日経平均は、73円高の2万0954円と10月に入り負けなしの8連騰。

【10月13日 金曜日】10時40分、日経速報メールで、日経平均株価は、2万1000円を上回った。これは1996年11月以来だそうだ。神戸製鋼所は、77円安の805円。日経平均は、200円高の2万1155円と9日続伸。16時、優待目的で買ったタナベ経営(9644)が、業績予想の修正に関するお知らせがあり、第2四半期累計の純利益が、2億2500万円(1株当たり25.97円)から3億円(1株当たり34.62円)に上方修正とうれしい発表。

どの程度の影響となるのか見当がつかない

【10月14日 土曜日】日経225先物は、60円高の2万1220円、NYダウは、30ドル高の2万2871ドル。1ドル111.81円、1ユーロは132.30円。

神戸製鋼所は、日本を代表とする日経225採用銘柄であり、今回のデータ改ざん製品の出荷先が500社といわれており、どの程度の影響となるのか見当がつかない。

たまたま私の友人(東証1部上場会社のエンジニア)とこの件で話をしたら、友人は、企業が求める基準が厳しすぎるのではないかと話していて、合点が行った。これだけ改ざんした製品を納入しているのに、この製品が原因でなにか事故があったということは、今のところ聞いていないからだ。

それにしてもリコールで部品交換ということになれば、エアバッグの大規模リコールで6月に民事再生法を申請し経営破綻した、タカタのようになりかねない。神戸製鋼所は、7月28日には、業績の上方修正(通期純利益を300億円から350億円)と9月中間配当を前期無配から10円復配を発表したばかりだが、この状況では、通期下方修正、期末配当無配となってしまうかも。

しかし、東芝の件が一段落(特設注意指定解除となったから)したと思ったら、神戸製鋼所や、先週は、日産自動車(7201)でも無資格者が検査をしていたということで、大企業の不祥事が続く。日産のテレビCMでは、矢沢永吉さんが両手をハンドルから放して、自動運転や自動ブレーキ標準装備をアピールしており、永ちゃんの決めゼリフが「やっちゃえ 日産」なのだけれど、これでは、「やっちゃった 日産」と野次られそうだ(日産自動車はCMを自粛)。

この報道があった10月2日の寄り付きで、60円安の1054.5円をつけたが、一瞬で悪材料を織り込み、今のところこの株価を割り込んでいない。年間配当53円予想(対前期5円増配)で配当利回りが、5%近いから下げづらいのではないか。中間決算発表は、11月8日の予定。

【10月16日 月曜日】保有銘柄のみずほフィナンシャルグループ(8411)が、2.7円高の200.5円と200円台回復。業績上方修正を発表したタナベ経営は、18円高の1417円と反応薄い。日経平均は、100円高の2万1255円と2年4カ月ぶりの10連騰。

【10月17日 火曜日】日経225先物は、60円高の2万1330円、NYダウは、85ドル高の2万2956ドル。9時13分、株主優待目的で、映画興業、ビル賃貸の武蔵野興業(9635)を2700円で100株買う。10株を1株に併合前の6月28日に80円ストップ高の348円で保有株1000株を売っていて、ようやく下がってきたので、買い戻した格好。9月末の優待の権利は逃したけれど、安く買えてよかった。日経平均は、80円高の2万1336円と11日続伸。

【10月18日 水曜日】0時26分、日経速報メールで、NYダウが、2万3000ドル達成。日経225先物は、前日比変わらずの2万1350円、NYダウは、40ドル高の2万2997ドル。優待目的保有のすかいらーく(3197)が、1700円台回復し、終値7円高の1702円。日経平均は、26円高の2万1363円と12日続神。

ビットコインがバブル化してきた

【10月19日 木曜日】日経225先物は、100円高の2万1450円、NYダウは160ドル高の2万3157ドルと4日続伸。優待目的保有のビックカメラ(3048)が、77円高の1447円をつけ、年初来高値更新。終値は、40円高の1410円。日経平均は、85円高の2万1448円と13日続伸。13日続伸は、1988年2月以来、29年ぶり。

【10月20日 金曜日】日経225先物は、150円安の2万1320円、NYダウは5ドル高の2万3163ドル。日経平均は、9円高の2万1457円と過去最長に並ぶ14日続伸。14日続伸は、56年9カ月ぶり。

【10月21日 土曜日】日経225先物は、110円高の2万1560円、NYダウは、165ドル高の2万3328ドル、1ドル113.53円、1ユーロ133.73円。9月中旬に、中国が仮想通貨取引停止発表で1BTC(ビットコイン)が、50万円弱から30万円まで暴落したが、すでに69万8191円とバブル化してきた。

世界的な株高を追い風に、あるいは解散総選挙をきっかけに、10月に入り負けなしの14連騰と記録的な連騰となった。日銀の金融政策は、物価2%達成するまで量的質的金融緩和、超低金利で引き締めが遅れる可能性が高く、やっぱり大規模なバブルが起きてしまうのではないか?