U-19日本女子代表は25日、中国で行われているAFC U-19女子選手権の準決勝でU-19中国女子代表と対戦し、5-0で勝利した。この結果、日本は来年8月にフランスで開催されるU-20女子W杯の出場権を獲得。なお、決勝は28日19時(現地時間)に行われ、U-19北朝鮮代表と対戦する。

 前半をスコアレスで折り返した日本は後半に攻撃が爆発。後半2分、FW宝田沙織のスルーパスからMF宮澤ひなたが相手GKとの1対1を迎え、冷静にゴール右へ流し込んで先制する。直後の同3分には再び宮澤がネットを揺らし、追加点を挙げた。

 勢いが止まらない日本。後半16分に左サイドを突破したFW植木理子が低いクロスを送ると、相手のオウンゴールを誘発して3-0とする。さらに同19分にFW植木選手、同40分に途中出場のFW目原莉奈が加点し、5-0の大勝を飾った。

 池田太監督は日本サッカー協会(JFA)の公式サイトを通じ、「前半に大きな展開やリスタートなどで押し込まれる場面もありましたが、落ち着いて後半を迎え勝利し、W杯の出場権を獲得することができました。選手たちは、この大会中に多くのことを学び成長しています。決勝でもアグレッシブに戦えるようび準備していきます」とコメントしている。

以下、試合結果

U-19日本女子代表 5-0(前半0-0) U-19中国女子代表

▽得点

47分:宮澤ひなた(U-19日本女子代表)

48分:宮澤ひなた(U-19日本女子代表)

61分:オウンゴール(U-19日本女子代表)

64分:植木理子(U-19日本女子代表)

85分:目原莉奈(U-19日本女子代表)

▽スターティングメンバー

GK:スタンボー華

DF:小野奈菜、南萌華、牛島理子、宝田沙織、宮川麻都、北村菜々美

MF:林穂之香、宮澤ひなた、長野風花

FW:植木理子

▽サブメンバー

GK:福田まい

DF:高平美憂、高橋はな、長嶋玲奈

MF:福田ゆい、菅野奏音、佐藤瑞夏

FW:村岡真実、目原莉奈、児野楓香、遠藤純

▽交代

66分:宝田沙織→村岡真実

67分:植木理子→目原莉奈

83分:スタンボー華→福田まい