画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米NVIDIAは10月26日(現地時間)、デスクトップ向けGPUの新モデル「GeForce GTX 1070 Ti」を発表した。Pascalアーキテクチャベースで、2,432基のCUDAコアと8GBのGDDR5メモリを搭載。GeForce GTX 970比で最大2倍の性能をうたう。

ASUSやGUGABYTE、MSI、Palit、ZOTACなどのメーカーから搭載グラフィックスカードが投入される予定で、11月2日に発売する。NVIDIAのWebサイトにおける価格は449ドル。

主な仕様は、CUDAコア数が2,432基、ベースクロックが1,607MHz、ブーストクロックが1,683MHz、メモリが8GB GDDR5、メモリスピードは8Gbps、メモリバス幅は256bit、メモリ帯域幅は256GB/s、補助電源は8ピン×1、TDPは180W。画面出力はHDMI 2.0b、DL-DVI、DisplayPort 1.4×3。