急に発熱と発疹があらわれるヘルパンギーナ。子どもの三大夏風邪のひとつともいわれています。症状や治療法、予防対策についてまとめました。

ヘルパンギーナってどんな病気?

夏〜秋にかかりやすい代表的な病気のひとつがヘルパンギーナ。急性のウイルス性咽頭炎で、コクサッキーウイルスに感染することにより発症します。38〜40度の高熱と、喉の痛み、口の中にあらわれる水泡が症状の特徴です。

罹りやすい年齢は? 一度かかったら大丈夫?それとも何回もかかるの?

5歳以下の患者が全体の90%。特に、1〜4歳までの乳幼児がかかりやすく、手足口病、プール熱とならんで“子どもの三大夏風邪”とも言われています。ウイルスにはいくつも型があるため、一度感染しても何度も繰り返しかかる可能性があります。毎年6月から8月、国内では西から東に向かって流行のピークを迎えます。

風邪や手足口病との症状の違いは?

通常の風邪と違うのは、発疹が体にあらわれること。また、手足口病と間違いやすいのですが、ヘルパンギーナの場合、高熱と発疹は口の中だけ。手足口病の場合は、高熱に加えて手や足に発疹が出るのが特徴です。

ヘルパンギーナの症状 完治までに何日かかる?

ヘルパンギーナは、ウイルスに感染し2〜4日後に突如、発熱、喉の痛みを発症。その後、口の中の喉の奥の方に赤く腫れた小さな水泡ができます。だいたい、直径1〜2mmで、大きいものだと5mmになるものも。水泡は2〜3日でつぶれ黄色い腫瘍に。熱は、2〜4日くらいで下がり、その後に水泡も治癒します。高い熱と口の中の水泡によって、食事のほか、水分も受け付けず脱水症状になることも。また、高熱により熱性けいれんをおこすこともあるそう。

ヘルパンギーナに効く薬はあるの?

ヘルパンギーナに対する特効薬はなく、基本的には安静にして回復を待つことになります。食事は、ゼリーやプリン、そうめんなど、冷たくてのどごしのよいものがおすすめです。

看病で注意することは? 保育園は行ける?

発症後から、4週間は便からウイルスが排出されるので、おむつ交換をする時は、使い捨ての手袋を使うなど注意深く行い、交換後は必ず手指の消毒を行うように心がけましょう。感染を拡大させてしまう可能性があるので、保育園への登園は、医師と相談の上でおこなうようにしてください。

家庭内感染に注意! ヘルパンギーナの予防法は?

ヘルパンギーナの原因ウイルスである、コクサッキーウイルスは「ノンエンベロープウイルス」という、アルコール消毒や熱に対抗する力が強いウイルスです。消毒には、酸性アルコール消毒液のほか、最近ではノンエンベロープウイルスにも対抗できるアルコール消毒液が販売されています。感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染すること)によるもの。手洗いうがいを基本に、タオルの共用を避けるなどしましょう。厚生労働省のホームページでは、洗濯物を日光で乾かすことも推奨しています。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと