「大きな浪費はしていないはずなのに、なぜかお金が貯まらない」「消耗品の購入が多い気がする」…。こんなふうに思う人は、もしかしてムダな「ダブり買い」が多いかもしれません。ダブり買いとはつまり、すでに持っているにも関わらず、同じものを新たに(ダブって)買ってしまうこと。本来買わなくてよかったものを買っているので、お金が二重三重に出ていきます。「いつか使うのだから、予備の在庫として取っておけばいい」と思うかもしれませんが、ものが増えることで在庫管理が難しくなり、持っていたこと自体を忘れてしまい、また新たに買ってしまったり、使わないうちに期限が切れてしまったり…と、負のスパイラルに陥りやすいのです。ものの置き方とストックの仕方は、全体がわかりやすいように

今でこそ整理収納アドバイザーの資格を持ち、夫婦で月20万円貯めているという30代の主婦レイ子さん。以前はダブり買いの常連で、お金を貯めることができなかったそう。「お金が貯められないのは、片づけられていないことと関係している!」と気づいてからは、家じゅうのものの在庫管理を徹底するようになりました。ダブり買いによるムダな出費を防げるようになっただけでなく、ものが減ったことで掃除の手間も減り、時間を有効に使えるようになったといいます。貯まるヒントを探るべく、レイ子さんが洗面所や寝室などで実践している「お金が貯まる在庫管理」をESSE編集部に見せていただきました。●洗面台まわりのものを厳選して、片づけや掃除にかかる時間を減らす


サニタリースペースで出しっぱなしにするものは、歯ブラシやカミソリ、ハンドソープなど毎日使うものに限定。これ以上増やさないように気をつけています。掃除もサッとすませられ、家事時間を短縮させることができました。おかげで、資格取得の勉強などに時間がさけるように。●透明な収納グッズを使って消耗品の減りをわかりやすく!使い勝手も向上!


衛生用品は、洗面所の引き出しの中で、100円の仕切りグッズで整理しています。ポイントは、透明な収納グッズを使って、在庫量をひと目でわかるようにしていること。たとえば夫婦で使うコンタクトレンズは、箱から取り出して透明なケースに左右に分けて入れています。朝の手間が省略できるうえ、残量も把握でき、買いすぎ、使い残しもありません。●身の回りの生活雑貨は専用バスケットを用意して見た目もよく、時間を節約


毎日使う身だしなみ用品は、夫婦それぞれに専用のバスケットを用意。「このバスケットに入るだけしか買わない、というルールにしています」。100円グッズではなく、ブランド物のちょっといいものを使うことで、ルールを守ろうというモチベーションも自然にアップ。戸棚の上に2つ並べてわかりやすくし、出し入れがスムーズになったことで、時間節約にも貢献!●手持ちのアクセサリーの在庫がひと目でわかるようにして、ダブり買いを防止!


アクセサリーは、似たデザインを買いがちなものの代表格。プチプラでかわいいものが多いので、つい買いすぎてしまいがちに。ひと目でどんなものがあるのかわかる仕組みにしておけば、在庫を常に把握でき、ダブり買いの歯止めになります。レイ子さんは、マスキングテープなどでリメイクしたピルケースに入れて、寝室で管理。


ケースに入らない長いタイプのピアスは、ボウルのふちに引っかけて、インテリアと収納を両立させています。●探しがちな小物も定位置を決めて


置いた場所がわからなくなってムダに探すのを防ぐため、小物は定位置を決めます。レイ子さんは、メガネは洗面台の上、鍵は玄関のゲタ箱の上、財布は寝室のチェストの上と決めているそう。


これらの定位置を決めたら、探しものの時間が一気になくなったといいます。


財布は大事に手入れをして長もちさせる財布はバッグに入れっぱなしにせず、使うごとに定位置に置いています。こうすれば気づいたときに手入れもでき、お気に入りを長持ちさせることに。また、レシートや不要なクーポン券を出すなど、財布の中身の整理もする機会が自然と増えるので、家計管理に必要な作業がスムーズになります。貯めグセを身につけるのに効果的!

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>