まるで“プール”でサッカー!? 日本の試合に海外メディア驚愕「ひれが付いたブーツ必要」

写真拡大

J3リーグ第28節、福島対栃木戦は水浸しのピッチのなかでキックオフ

 J3リーグ第28節の福島ユナイテッドFC対栃木SC戦が22日に行われ、栃木が敵地で2-0と勝利を収めた。

 栃木がJ3首位の座をキープしたなか、海外メディアもこの一戦に注目。試合の結果ではなく、悪条件下でのプレーに着目し、「究極のところ、“プール”でもサッカーができる」と伝えた。ポルトガル紙「Record」が、動画付きで紹介している。

 試合前から降り続いた大雨の影響でピッチは水浸しとなり、一部のラインは消えかかって見えにくく、至るところに水溜まりがあるなかでキックオフとなった。両チームとも思うようにパスが通らず、すぐにボールが止まってしまうなど苦戦を強いられるなか、互いに浮き球のボールで打開を図る。

 均衡が破れたのは前半45分だった。栃木側のロングスローから中央へつなぐと、最後はMF牛之茺拓が右足を振り抜いて先制ゴールを決めた。さらに後半37分には、右CKを得た栃木がクロスを送り、こぼれ球をFW 西谷和希が合わせて追加点。試合はそのままアウェーの栃木が2-0で勝利を収めた。

 悪条件のなかで白熱の攻防を繰り広げたが、同紙は「究極のところ、“プール”でもサッカーができる。信じる?」との見出しでクローズアップ。選手たちがプレーした水浸しのピッチを“プール”と表現し、驚きを持って伝えている。

驚き隠せず…「日本のようなものは稀」

 同記事では「サッカーは普遍的なスポーツで、どんな状況でも、どこでもプレーできる」と前置きしつつ、「しかし、日本のようなものは稀だ」と触れている。

 事実、試合では選手たちが走り回るたびに足元で水が跳ね上がり、パスは水たまりでぴたりと止まるなど、思うようにプレーできない場面が多く見られた。選手らは試合途中から逆にそうした状況を逆手に取り、機転を利かせていたものの、「J3福島と栃木の試合では、ひれが付いたブーツに交換する必要があった」と同記事はまとめている。

 通常、雨天でもサッカーの試合は行われるが、ここまでの悪条件は稀。海外メディアの目にはまるで“プール”でプレーしているように映り、驚きを隠せなかったようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、J3リーグ第28節「福島×栃木」

https://www.youtube.com/watch?v=Lc5z3wX7i9w

Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、J3リーグ第28節「福島×栃木」