ニンテンドースイッチ本体更新「4.0.1」配信…一部のテレビで発生したHDMI接続時の問題を解消

写真拡大

任天堂は、ニンテンドースイッチにおける本体機能の更新となるシステムバージョン「4.0.1」の配信を、2017年10月26日より開始しました。

今回の主な更新は、「一部のテレビでHDMI接続時に正しく映像が表示されなかったり、音声が出力されなかったりすることがある問題を解消するため」とのことで、接続処理がシステムバージョン3.0.2相当の仕様に変更されました。

ニンテンドースイッチがインターネットに接続されていれば、自動で本体更新データがダウンロードされるので、あとは画面の案内に従って更新してください。手動で更新を行う場合は、本体をインターネットに接続した後に、HOMEメニューにある「設定」→「本体」にある「本体の更新」で行ってください。現在のシステムバージョンも、こちらで確認することができます。

(C)Nintendo