くるくるお化けの型紙づくり

写真拡大 (全2枚)

家族や友人、知人とハロウィンホームパーティーの約束をしている人も多そうですね。当日の料理については事前に話題になりやすく、すでに決まっていることが多いでしょう。飾り付けは大丈夫ですか?

●ハロウィンの飾りは身近な物とアイデアで手作り

せっかくのハロウィンホームパーティー、何かハロウィンらしいアイテムがなければ、ただのパーティーになってしまいます。とはいえ「ハロウィンっぽい置物なんて何も買っていない」という人もご安心。株式会社シモジマのWRAPPLE渋谷店 店長・谷口洋平さんは、「さすがにチラシでは厳しいものがありますが、家にあるプリンター用紙や包装紙などでも充分ハロウィンらしい飾り付けを作ることができますよ」と話します。

「『これは何かに利用できないかな?』と。発想やアイデアをあれこれ膨らませ、試行錯誤することも楽しいものです。ハロウィンのために無理にあれこれ買い揃えようとしなくても、身近にあるもので挑戦してみてくださいね」(谷口さん)

谷口さんの教えにならい、今回は「くるくる紙お化け」と「ガーランド」を自宅にある紙で実際に作ってみることにしました。上手くできるかな?

●紙で作る「くるくる紙お化け」

【材料】

・色のついた画用紙や紙

・装飾用のシールやマスキングテープ

・目玉シール(無ければ白い紙と黒い紙で代用)

【作り方】

(1)紙に渦巻き状のお化けの形を描いてカットする。

(2)お化けの顔に見えるように目玉シールを付ける。目玉シールがなければ白い紙と黒い紙で目玉を作る。

(3)テグスや糸などをテープでお化けの頭部分の裏側につけたら天井からつるせば完成!

●ハロウィンらしい「ガーランド」

【材料】

・色のついた画用紙や紙

【作り方】

(1)作りたいモチーフの型をコピー用紙などに描く。ハロウィンなので、ハロウィンらしいモチーフがベスト。

(2)(1)をマスキングテープで画用紙に貼って、モチーフの幅に合わせて蛇腹に色画用紙を折る。

(3)画用紙がずれないようにテープで固定したら、型紙のモチーフに沿ってカットし、開けば完成!

実際に作ってみたのが上の画像。どうです? なかなかかわいらしくないですか? 正直、こういった飾りって、七夕の「わっかつづり」しかしたことがなかったのでなんだか新鮮…。確かに、切っていちいち糊付けしなくても、こうして折ればそのまま繋げられますもんね。

時間にしてもわずか30分程度。パーティーの部屋に飾っておけば、気分も盛り上がること間違いなし。料理に、何より当日撮影する画像に彩りを添えること請け合い。いろんな色の紙とモチーフでチャレンジしてみてくださいね。

(文・団子坂ゆみ/考務店)