ペインティング作品「時間が足りない:need more time」

写真拡大

 「カルティエ(Cartier)」の期間限定ギャラリー「TANK 100」で展示される香取慎吾のアート作品が初公開された。ギャラリーは10月28日にオープンする六本木ヒルズの新店舗に併設され、11月26日まで開設される。

 ブランドは、アートの創作活動の促進などを行うカルティエ現代美術財団を通じて、現代アーティストとしても活動する香取と数年前から親交があり、また同氏がブランドを愛用していることからアイコンウオッチの「タンク(TANK)」生誕100周年を記念し協業が実現。同氏が公に発表している作品は数少ないという中、今回のために制作されたオブジェとペインティングの2作品が公開された。 全面赤に塗られたオブジェ「百年のfuuu.」は、香取が昔から好んでいたというヴェネツィアンガラスのシャンデリアをイメージソースにした作品。「これまでの百年も、これからの百年も」をテーマに掲げ、今年は自身のキャリアにとってもターニングポイントということもあり、タンクの100周年を祝う作品に思いを重ねて制作したという。バースデーケーキの形をしたオブジェには20本のろうそくが立てられ、息を吹きかけることで「新しい命を吹き込む」という思いが込められている。 もう一つの作品「時間が足りない:need more time」はキャンバスを文字盤に見立て、コンピューターグラフィックの上にアクリル絵の具で文字やローマ数字が描かれた。ギャラリーのキービジュアルとなる作品は、店舗のファサードに2.8×5メートルの大きさで拡大プリントされている。また、制作風景を収めた動画が公開され、香取自身が今回の作品への思いを語っている。 カルティエ ブティック 六本木ヒルズ店は、什器を自由自在にレイアウトできる新しいスタイルの店舗で、フランスのカンヌに続いて世界2店舗目。店舗スペースをギャラリーとしても使用することができ、シーズンごとにテーマに沿った特別展を定期的に開催していくという。