これまでに5万人以上の悩める人を占ってきた、ゲッターズ飯田さん。その経験から、「お金持ちや成功者の多くが実践している行動をまねすれば、じつは金運アップできる」と主張します。まねすべき行動といっても、特別な努力や意識高い系の学びを指すわけではありません。今回飯田さんが教えてくれたのは「こんなことでいいの?」というような、意外で、しかも簡単に実践できることばかり。今日からあなたもお金持ちの習慣をまねして、金運を鍛えてみましょう。


ゲッターズ飯田さん運を呼び込む習慣!お金持ちほど実践しています!

●部屋の空気を入れ替える


運を上げるには、部屋の「気の流れ」をよくすることが重要。朝起きたら、部屋の窓をあけて新鮮な空気を取り入れる習慣をつけましょう。「空気は文字どおり、『空の気』。これを定期的に入れ替えることで、『根気』や『勇気』などの『よい気』が入ってきます。なお、窓辺に洗濯物を干しっぱなしにするのは避けたい習慣。湿った空気が入ってきて、風とおしが悪くなってしまいます」。よい気を取り込むためにも、カーテンはいつも清潔にしておきましょう。ここが不潔だと、せっかく入ったよい気も台無しに。

●水回りをきれいにする

お金を貯めたいなら、キッチンやトイレ、お風呂、洗面所などの水回りは常にきれいに保つこと。「毎日使う大切な水回りを気にかけることは、自分の体を気づかうことと同じです。気力や体力が奪われると運気も下がるので、こまめに掃除しておきましょう」。ちなみに、開運に関係があるとよく耳にするトイレは、マットやスリッパに暖色系の明るい色を取り入れて華やかにするのがポイントです。

●季節のイベントを楽しむ

ハロウィーンやお月見、お正月…など、季節ごとのお祭りや祝いごとを積極的に楽しむことも、運気アップにつながります。「イベントをしっかり楽しんでいる人は、周りからも幸せそうに見えるもの。ときには自宅に大勢の人を招いて、みんなを楽しませるくらいの気持ちで」。

●自分にごほうびをあげる

いいことがあったときは、自分にごほうびを買ってモチベーションをアップ。「そのアイテムを見るたびに『またがんばろう』と、やる気が高まります。一方で、ストレス解消のための買い物は、ネガティブな記憶が残るだけなのでおすすめしません」

●宝くじは買わない

「確実に当たる」ためのノウハウがない以上、宝くじは買わないのが賢明。「現実的に考えると、大金の当たる確率は非常に低い。お金持ちはそうした非効率なことには手を出しません。万が一当たっても、身の丈に合わないお金は不幸のもとです」。

●レジ袋はもらわない

「家にムダなものを持ち込まない」ことが、金運アップのルール。スーパーやコンビニのレジ袋、包装紙は買う段階で「いりません」と断りましょう。「不要なものを家に入れないことで、『捨てる』という余計な労力を使わずにすみます」。そもそも、ものをため込むという行為は、開運のことを考えると、あまりいいものではありません。

●チョコレートを食べる


飯田さんが占ってきた多くのお金持ちのなかでも、並はずれて運のいい星回りの人に共通していたのが、チョコレートが好きということ。「カカオに含まれるポリフェノールの抗酸化作用や、テオブロミンによる神経の鎮静作用が関係しているのかもしれません。簡単に運気を上げてくれる食べものなので、ぜひ試してみてください」。

●教えてくれた人
【ゲッターズ飯田さん】
お笑いコンビ「ゲッターズ」として活動。コンビ解散後は放送作家・タレント・占い師としてテレビや雑誌、ウェブで活躍。著書に『ゲッターズ飯田の運の鍛え方』(朝日新聞出版刊)など

<イラスト/カツヤマケイコ 取材・文/ESSE編集部>