記事画像

写真拡大

世界規模の一流ホテルチェーンとして名高い、ハイアットグループ。全13ブランドを有し、日本国内だけでも六本木ヒルズ内にある「グランド ハイアット」、新宿パークタワー内の「パーク ハイアット」、2014年に虎の門ヒルズ内にオープンした「アンダーズ」など、さまざまなブランドを展開しています。

そんなハイアットグループが2015年に立ち上げたばかりのブランド「ハイアット セントリック」が2018年1月22日、日本に初上陸します。場所は都内屈指の一等地、銀座。2017年10月24日には2月以降の宿泊予約の受け付けがスタートしました。一体どのようなホテルになるのか、詳しく紹介します!

出版印刷業の名残をデザインに

「ハイアット セントリック」はグループのライフスタイルブランドとして2015年1月に誕生。現在はシカゴやニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミなど米国の主要都市やリゾート地を中心に16軒が展開されており、日本初上陸となる「ハイアット セントリック 銀座 東京」はアジア第1号として開業します。

場所は高級ブランドや老舗店が立ち並ぶ銀座・並木通り。2017年10月15日に竣工した「東京銀座朝日ビルディング」の3階〜12階にオープンします。

ホテルの3階にはダイニング&バーを併設し、目的やニーズに合わせてさまざまなシーンを満たす「NAMIKI」、4階にはレセプション、さらにライブラリーとフィットネスセンター、5階〜12階にはスイートルーム3タイプを含む計5タイプの客室がそれぞれ設けられます。

ホテル全体のインテリアデザインは、クリエイティブなホテルや飲食施設等を手がけていることで知られる赤尾洋平氏率いるストリックランドが担当。

同ホテルが朝日新聞社の東京における創業の地に建てられること、また、その当時は周辺で出版印刷業が繁栄していたことから、その名残をアートワークやインテリアデザインとして表現したそう。遊び心たっぷりのデザインは、エントランス、ダイニング、客室など随所で見つけることができ、発見する楽しさがあります。

銀座では珍しいテラス席のあるダイニング

また、宿泊しなくてもさまざまなシーンを楽しめるのが、3階にオープンするダイニング&バー「NAMIKI」です。会議や会食などにも適用するプライベート ダイニングルームも有します。

ダイニングエリアにあるショーキッチンには4口の大型オープンが入っており、四季折々の上質な食材を使用したオープン料理が提供されます。ジャンルをしぼることなく、自然の恵み溢れる食材をオーブンで包み込み、シンプルで温かみのあるグローバルテイストな料理を楽しめるようにしていくそう。

実はこちら、銀座では珍しくテラス席を設けているんです。人々が行き交う並木通りを見下ろすのはなんとも新鮮です。

スタッフ全員が街に精通

ブランド名の「セントリック」には「街の中心」「情報の中心」という2つの意味が込められているそう。ゲスト一人ひとりがホテルを拠点にしながら、その街の個性と魅力を肌で感じられるような情報を提供し、ゲストの好奇心を刺激する街体験をサポートすることを目指しています。

10月24日に行われたハイアット セントリック 銀座 東京の発表イベントでは、こんな説明がありました。

「たとえば近くのレストランで今週は特別なお酒のフェアがあるとか、ディナーは高いけれどランチは1000円で楽しめるお店があるといった、インターネット上では探しきれない情報を提供していきたいと考えています。そのために、好奇心に満ちたすべてのスタッフが常に新しい情報を持っているようにしていきます」

インターネット上にはさまざまな情報が溢れていますが、街に精通したスタッフがゲストそれぞれに合った「生きた情報」を提供することで、「新しい発見をしたい」「単に滞在する以上の体験をしたい」といったニーズにこたえていくといいます。

旅行やビジネスで利用する人はもちろん、東京エリアに住んでいても利用すれば銀座の新たな魅力を発見できるかも。オープン後にはさらなる話題を呼びそうです。

宿泊は1泊4万円前後(スタンダードの キングまたはツイン)。ダイニング&バー「NAMIKI」の価格帯は未定。その他詳細や予約は公式サイトへ。