日本ハムが交渉権を獲得した清宮幸太郎【写真:Getty Images】

写真拡大

JR東日本・田嶋&広陵・中村は2球団ずつ…DeNAは立命大・東を唯一の一本釣り

 2017年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、グランドプリンスホテル新高輪で行われ、1巡目で早実・清宮幸太郎内野手は95年のPL学園・福留孝介以来、高校生史上最多タイ7球団が競合したが、日本ハムが引き当てた。

 そのほか、2球団競合でオリックスが引き当てたJR東日本・田嶋大樹投手、広島が引き当てた広陵・中村奨成捕手を含め、3人で計11球団が抽選。DeNAは唯一、立命大・東克樹投手を一本釣りした。

 ドラフト1位候補の声もあった日立製作所・鈴木康平投手、慶大・岩見雅紀外野手、青藍泰斗・石川翔投手らは12人から漏れた。2巡目以降に期待がかかる。