シーザーズ・エンターテインメントは、ピースの綾部祐二氏を起用したビデオを撮影した。

撮影はラスベガスのシーザーズパレスで行われ、統合型リゾートの楽しみ方や魅力、支える人々の様子を紹介する内容となっている。綾部氏にとって、渡米後初仕事がシーザーズ・エンターテインメントのビデオ撮影となった。

綾部氏は「エンターテイメント中心地のひとつであるラスベガスでの米国デビューは、幸先がいいと思っています。マライア・キャリーやセリーヌ・ディオンなど世界的エンターテイナーが長期公演するシーザーズ・パレスなどでのビデオ撮影をきっかけに、今後は米国のエンターテイメント業界での活躍を目指していきたいと思っています。」とコメントした。

シーザーズ・エンターテインメントの国際ビジネス開発プレジデントのスティーブン・タイト氏は、「多くの日本人に愛されているエンターテイナーである綾部氏とお仕事できることを嬉しく思っています。今回のビデオを通じて、日本の皆さんが統合型リゾートとはどういうものなのか、そしてシーザーズの魅力を感じていただければと思っています。」とコメントした。

シーザーズ・エンターテインメントは日本での統合型リゾート(IR)の進出を検討しており、15年に渡って活動している。