探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者は、私達のリピーターの浅野和希さん(仮名・38歳)。和希さんは派遣社員をしている独身女性なのですが、恋愛が大好き。今まで、さまざまな男性と恋愛をしているのですが、いつも相手に浮気されてしまうのが悩みの種なのです。

「今、職場の男性と付き合って2か月になります。かれは新規採用された正社員で、40歳のバツイチ。すっごくカッコよくて素敵な人なんですが、最近、ちょっと怪しくて……LINEの返信は遅いし、ノー残業デーなのに“仕事が忙しいから家に行けない”などメッセンジャーで送って来たり」

私から見ても、和希さんはとてもチャーミングで男性からもモテモテです。白いミニのニットワンピに、グレーのミンクのファーピアスを合わせ、ピンクのショルダーバッグを持っています。ニーハイブーツに網タイツがセクシーで、私達のカウンセリングルームに来るまでに、3人の男性にナンパされたと言っていました。

「こんなにモテる私が、付き合ってあげているんだから大切にしろよ!と思います。だって私、今の派遣先の役員からも、愛人にならないかと言われたくらいなんですよ。私は付き合うなら、私を最優先にしてほしいし、いつも私のことを考えて欲しいし、愛してほしい。私の話を聞いてほしいし、私が不安にならないように、手を握っていてほしいんです」

相手が浮気していないか不安になると、街で見かけるカップル全員が憎たらしくなる……

「この私が、こんなに不安になっているのに、のんきにイチャイチャしてんじゃねーよ、って思います。あと最近は、家族連れを見てもそう思うようになりました。よく考えたら私って、あと2年で40歳ですよ。もっといい相手と結婚したいと思ううちに、38歳になっちゃいましたよ」

和希さんは、私が探偵見習をしていた10年ほど前からのお付き合い。今回は3回目ですが、前回2回は当時の婚約者だったことを思い出しました。

「あと、彼を疑わしいと思ったことはもう一つあって、Facebookをやっていないと嘘をついているんですよ。他の人の話を聞くと、どうも私をブロックしているみたいなんです。さらに、今年の秋に入社した新入社員が、彼の部下になったとたん、みるみるきれいになっていったんです。黒髪で野暮ったかったのに、服装もおしゃれになって彼好みに変わっているんです。彼は女性にいろいろ教えるのが好きだから、きっとあの新入社員と付き合っているに違いありません」

同じ会社で2人の女性と付き合う男性は、自制心がきかないタイプが多く、そういう人はあまり出世しない可能性があります。

「あの新入社員が入ってから、彼が変わったんですよ。ウチに遊びに来る回数も激減したし、私を求めることも少なくなりました。あんな、お菓子ばかり食べて、電話番もロクにできないお子ちゃまのどこがいいんだか。電話がない家で育ったから、ビジネス電話の応対ができないんですよ。その様子を男どもは“かわいい〜”とか言っちゃって。教えるのはこっちなんだよ!あ〜なんかイライラしてきました。どうか調査をしてください」

和希さんには、前回の婚約者への調査と異なり、今回は交際相手。慰謝料も請求できなければ、調査費用も自腹になる可能性が高いことをお伝えしました。

「それでもいいんです。もし、あの女と恋愛関係にあるなら、証拠をおさえて、今後の交渉材料にしたいのです」

和希さん自身、年上男性に憧れる傾向があるので、彼の部下の新入社員のことは警戒していたそう。

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

交際相手の浮気調査でわかった、彼のセコさとうっかりさ……深夜の都心を歩き続ける理由とは?〜その2〜に続きます。