映画『ラ・ラ・ランド』でアカデミー主演女優賞を受賞し、受賞後初となる作品『Battle of the Sexes(原題)』では実在する女性テニス界の偉人ビリー・ジーン・キングを演じるなど、活躍を続ける女優のエマ・ストーン(28)。そんな彼女に、新恋人が! 

エマといえば、映画『アメイジング・スパイダーマン』にキャスティングされたことをきっかけにアンドリュー・ガーフィールドと交際していたものの、2015年に破局。今月もアンドリューはエマの新作公開について聞かれると「僕は彼女をサポートしたいと思っているし、何よりも大ファンだよ」と回答。また、エマもアンドリューを「今でも大好きな人」と語り、別れた後も良い関係が続いており復縁の噂が絶えず飛び交ったものの、本命は違ったよう。

その相手というのが、アメリカの人気バラエティー番組『サタデー・ナイト・ライブ(SNL)』の監督とライターをつとめるデイブ・マッカリー(32)。<Page Six>によると2人は今年6月にもツーショットが目撃されており、交際が順調に続いているそう。エマは今月、映画『ラ・ラ・ランド』で共演したライアン・ゴスリングが『SNL』に出演した際、ゲストとして出演し、その後番組のアフターパーティーにも参加していたのだとか。デイブは2014年から『SNL』に携わっていて、今年は映画『Brigsby Bear』の監督も務めており、ツーショットが目撃されたのは彼の映画の試写会でのことだったよう。

ちなみに、この『SNL』、俳優と番組関係者に恋の噂が絶えない、何かと"縁結び"な番組になっているそう。出演した俳優ベン・アフレックは、当初不倫疑惑があったけれど現在番組プロデューサーのリンゼイ・シューカスと交際中で、番組の脚本を手がけ出演もしているコリン・ジョストは、ゲスト出演していた女優スカーレット・ヨハンソンとキスしているところが目撃されている。1975年から続くアメリカの人気長寿コメディ番組だけあって、手がけるスタッフはみんな魅力的なのかも!?

話を再びエマに戻し…。彼女は現在、2018年公開予定のNetflixドラマ『マニアック』をニューヨークで撮影中。恋も仕事も順調な様子のエマ、今後の活躍も楽しみ♡