@AUTOCAR

写真拡大

6シリーズGT 利便性+走りのよさが自慢

新型BMW 6シリーズ・グランツーリスモは、よりフラットなルーフ・デザインでクーペのスポーティなデザインを強調したボディに、BMW直列6気筒ツイン・パワー・ターボ・エンジンを搭載し、上質な長距離走行の快適性とプレミアム・クーペに相応しい高い機能性が融合されたモデルである。

インテリアは、高めのシート・ポジションに、ドライバーの快適性を追求したコックピット・デザインを特徴としており、余裕あるスペースを確保している。

さらに足元のスペースを広く確保し後部シートや、容量が610ℓから1800ℓまで拡張可能なラゲッジ・ルームを備えている。

「大幅に改良された空力性能、出力、最適化されたエンジン効率により、よりスポーティな走行性能と実用性を併せ持つモデルとなっています」とBMWは説明する。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『BMW 6シリーズ・グランツーリスモ』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。