『ブレードランナー 2049』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が語る、リドリー・スコットの存在と音楽担当変更の背景

写真拡大

 SF映画の金字塔『ブレードランナー』の35年ぶりの続編『ブレードランナー 2049』がいよいよ10月27日に公開される。前作でメガホンを取ったリドリー・スコットに代わり、『ボーダーライン』『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務めた本作では、前作で描かれた2019年から30年後、人間と見分けのつかない人造人間“レプリカント”と人間が共存関係にある2049年のカリフォルニアを舞台に、人類への反乱を目論み、社会に紛れ込んでいる違法な旧レプリカントの“処分”任務にあたるロサンゼルス市警のブレードランナー“K”が、レプリカント開発に力を注ぐ科学者ウォレスの“巨大な陰謀”を暴く鍵となる、かつてのブレードランナー“デッカード”を追う模様が描かれる。

参考:“追われる”ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングの姿が 『ブレードランナー 2049』最新予告

 リアルサウンド映画部では、本作のプロモーションのために来日したヴィルヌーヴ監督にインタビューを行い、今回は製作総指揮を務めたリドリー・スコットとのやり取りや、ヨハン・ヨハンソンの降板が大きな話題を読んだ本作の音楽などについて訊いてみた。

ーーあなたが本作の監督を引き受けるにあたっての条件は「リドリー・スコットに認められること」だったそうですね。リドリー・スコットからは「必要なときはいつでも連絡してくれ」と言われたそうですが、具体的にどういうことを話し合ったのでしょうか。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ(以下、ヴィルヌーヴ):一番はキャスティングだね。映画製作のプロセスにおいてもっとも重要なのがキャスティング。何しろ映画に息を吹き込む人たちを選ぶわけだからね。僕は以前からリドリー・スコットのキャスティングの素晴らしさに毎回驚かされていたから、キャスティングについて、自分自身が迷ったときや何か疑問に思ったときはリドリーに相談していたよ。彼はちょうど別の作品を撮っていたから僕とはちょっと距離があったんだけど、それはある意味最高だったね(笑)。

ーーそれはなぜでしょう?

ヴィルヌーヴ:僕自身の“色”を作品に反映させなければいけなかったからね。でも彼が作ったオリジナルをベースに映画を撮っていたわけだから、彼の存在は常に身近に感じていた。撮影中もずっとリドリーのことを考えていたんだ。そういう意味で、実際に彼が現場にいなかったのは助かったけど、とにかく僕もライアン(・ゴズリング)も監督としてのリドリーのことをとても尊敬しているので、会話にはよく彼の話題が出てきていたんだ。自分のカメラで他の人の夢の中を訪れるような感覚だったね。

ーー今回のように、続編、しかも他の人が作り上げた作品を引き継ぐことは、あなたのキャリアにおいても初めてのことです。これまでの映画作りとはまったく異なる経験になったのでは?

ヴィルヌーヴ:そのとおり、これまでに経験したことのない、まったく新しい経験だった。もっとも参考になる作品が“他の映画”だったからね。僕がこれまで手がけてきた作品は、原作があるものやグラフィックノベル、絵画、写真、詩などからアイデアを得たものがほとんどだった。今回はリドリーが作った『ブレードランナー』をベースにしつつも、とにかく自分が考える、自由な作品にすることが重要だった。“盗作”のような作品にはしたくなかったんだ。リドリーのことは尊敬しているが、僕と彼との感性はまるで違う。一方で、あまりにも遠ざけてはいけないという難しさもあったんだ。

ーー前作のスタイルをしっかりと引き継ぎながらも、はっきりとヴィルヌーヴ作品になっていたことに驚かされました。

ヴィルヌーヴ:ありがとう。僕が今回やろうとしたアイデアは、『ブレードランナー』で描かれた美しいメランコリアをキープすることだった。本当に美しい切なさを感じたんだ。僕自身、若い頃にものすごく影響を受けた作品のひとつだよ。

ーー前作よりもテーマ性が強い印象を受けました。現代社会、とりわけアメリカが抱える問題も作品に強く反映されているように感じました。

ヴィルヌーヴ:まさにその通りだよ。例えば警察ひとつとっても、建物は古くなり、資源も少なくなり、力を失っている。完全に社会が崩壊してしまっていて、地球自体が死にかけている。ロサンゼルスでも地球温暖化による海面上昇が起きていて、居住場所がなくなり難民が増えている。このような、社会通念がどんどん弱まってきている、僕たちが生きている現実は作品にも反映させているよ。

ーー音楽についても聞かせてください。本作の音楽はもともと『プリズナーズ』『ボーダーライン』『メッセージ』でタッグを組んできたヨハン・ヨハンソンの予定でしたが、公開直前に降板し、結果的にベンジャミン・ウォルフィッシュとハンス・ジマーが音楽を手がけています。この背景について教えてもらえますか。

ヴィルヌーヴ:まず第一に言わなければいけないのは、ヨハン・ヨハンソンの音楽は本当に素晴らしいということだ。とても美しい声の持ち主であり、映画音楽制作においても非常に優秀。ただ、芸術は予想できないもので、ときには“変革”が必要なときもある。当初は僕自身もヨハンとの仕事をとても楽しみにしていたのだけれど、映画の製作を進めていくなかで、『ブレードランナー』の音楽を手がけたヴァンゲリスの音楽に近づけないとこの映画はうまくいかないと思ったんだ。

ーーヨハン・ヨハンソンの音楽はヴァンゲリスとは遠かったと。

ヴィルヌーヴ:ヨハンは非常に強いアイデンティティを持っているから、ヴァンゲリスの音楽とは離れていってしまった。これは決して簡単な変更ではなかったけれど、映画のためには決断が必要だったんだ。僕にとって、映画作りはときに“フランケンシュタイン”のように感じることがある。自分自身が作っているわけではあるけれど、映画自体に命が吹き込まれ、次第に意思を持っていくようになる。映画のほうが何かを要求してきて、監督である僕が映画に従わなければならなくなるんだ。そういうことがあって、今回は結果的にベンジャミン・ウォルフィッシュとハンス・ジマーに音楽をお願いすることにした。彼らが今回作ってくれた音楽は、今までの僕の映画のなかでもっとも素晴らしいスコアのひとつだと思う。2人は映画が要求していることに応えてくれたから、とても感謝しているよ。(取材・文=宮川翔)