ジョン・オーツ「ホール&オーツの新曲はないと思う」

写真拡大

ホール&オーツのジョン・オーツは、現在も2人でライブ活動を行なっているが、新しい音楽をレコーディングするとは思えないそうだ。

◆ホール&オーツ画像

1972年にデビュー以来、18枚のスタジオ・アルバムを発表してきた彼らだが、最後に新曲をリリースしたのは10年以上前となる。

オーツは『BANG Showbiz』にこう話した。「僕は、正直言って、新しい音楽があるかどうか疑わしいと思ってる。ヒットが多すぎて、(ライブで)プレイできていない曲がたくさんある。それらをプレイする時間がないんだ。僕らは、一緒になにかを作るより、それぞれ個人でどこまでやれるかってほうに興味があるんだと思う」

「ダリル(・ホール)の新曲は期待できると思うよ。でも、それがホール&オーツである必要はない。いま、僕らは別のプロジェクトを抱えているし、僕らが集まったときは、40年に渡って僕らが一緒に作った音楽を祝福し、プレイするんだ」

ホール&オーツは2014年にロックの殿堂入りを果たし、アメリカレコード協会(RIAA)から“最も売れたデュオ”と認定されている。

2人は今週末(10月28日)、ロンドンで開かれる<BlueFest>でプレイする。

Ako Suzuki