リアルな『胡瓜』に壇蜜もビックリ

写真拡大 (全4枚)

 超絶技巧で再評価の機運が高まる明治工芸の作品と、そのDNAを引き継ぐ15人の現代作家の作品が堪能できる特別展、「驚異の超絶技巧!〜明治工芸から現代アートへ〜」(三井記念美術館で12月3日まで開催)が話題となっている。

 本展のメインビジュアルを飾るのが、安藤緑山(ろくざん)の『胡瓜』。前回の展覧会『超絶技巧!明治工芸の粋』(2014〜2015年)にも作品が出展され、その精巧さに見とれてガラスケースに額をぶつける人が続出したという。

 そんな明治工芸の名匠の“正体”が、このたび明らかになった。明治学院大学教授で美術史家の山下裕二氏が語る。

 * * *
 安藤緑山という牙彫師(象牙など動物の牙に細工する彫刻家)に関する生前の記録は、『東京彫工会会員役員人名録』にある明治末期から大正期の住まい(現東京都台東区)と師匠の存在のみ。出身地や生没年すらわからない、極めて謎めいた存在でした。

 ですが、ここへきて予期せぬビッグニュースが舞い込みました。

 なんと本展を機にご遺族が名乗り出てくださり、写真も提供していただけたのです。その生涯や制作の詳細のついては今後調査を進め、三井記念美術館の小林祐子学芸員による論文として発表される予定です。牙彫師・安藤緑山、そして明治工芸の再評価に繋がる貴重な報告となることでしょう。

 緑山の作品でまず目を奪われるのは、「これはホンモノか!?」と見紛うようなスーパーリアルな造形。そして、その発想力です。

『松茸、しめじ』は松茸の傘の裏の襞やぷっくり膨らんで反り返った石づきの見事さに唸らされますが、最大の見所は松茸の傘が割れているところ。乾燥してパックリひび割れてしまったのでしょうね。食べ頃の匂い立つような松茸ではなく、傷みかけた“完全ではない姿”を再現する。しおれた南瓜など情けない姿もまるごとスーパーリアルに表現する感性こそが緑山の独自性であり、日本人の琴線に触れるウイット・遊び心なのです。

 高度な技術という点では、着色技法も見逃せません。明治期に大流行して多くの人が手がけた牙彫ですが、その大半は着色していない真っ白なものでした。

 しかし、緑山のこのトマトやバナナは何といっても鮮やかです。象牙の表面に色を塗っているというよりも染めている。独自に編み出したであろう謎の着色技法についても、ご遺族から多少情報を得ることができ、分析を進めているところです。

 前回出展された『竹の子、梅』は、非常に驚きを持って人々に鑑賞されました。美術番組で大きく特集が組まれ、現在は村田コレクション(京都・清水三年坂美術館、村田理如館長のコレクション)から国が買い上げ京都国立近代美術館所蔵となっています。今回12点の緑山作品が並び、会場では連日歓声があがっています。

■撮影/太田真三

※週刊ポスト2017年11月3日号