ドリブルにこだわった指導をしている聖和学園高校【写真:Shidu Murai】

写真拡大 (全2枚)

パスの選択を否定しているわけではない

 東北に徹底してドリブルにこだわる高校サッカーチームがある――。ここ3年、連続で全国の舞台に立っている聖和学園高校(宮城県)だ。2015年度の高校サッカー選手権では、ライバル野洲高を7-1で下し、見るものに衝撃を与えた。しかし、時には「ドリブルしかない」「足先のテクニック」ばかりだと揶揄されることもある。それでも加見成司監督は「個」の育成を重視したスタイルを変えるつもりはない。11月7日発売の『聖和の流儀』では、ドリブルスタイルにこだわる理由や育成論について、さまざまな思いが綴られている。今回は、先んじてその一端を紹介する。(文:加見成司)

----------

 もちろん、パスのほうがドリブルよりも効率良く相手の守備を崩せる方法だと考える人もいるかもしれません。

 例えば、パスで守備陣2人のギャップを突けば、相手の守備陣を2人同時にやっつけられます。相手守備陣のギャップを突くパスは普通に練習すればできるようになりますし、選手たちに導入しやすいものであることは確かです。逆に、そこでドリブルで相手2人を抜こうと考えるのならば、徹底してトレーニングしないと難しいと感じるかもしれません。

 守備陣が果敢にボールを奪いに出て来てくれれば、パスだけでも相手2人の守備を突破しやすい側面もあるでしょう。しかし実際には、今はブロックを作ってしっかりと守ってくるなど、色々なディフェンスを試行錯誤して対抗してくるチームがあり、パスだけでは守備陣のギャップを突きづらい状況があるのも事実でしょう。

 相手守備陣が体重を前にかけずに、慎重に構えて1対1の守備をしてくる局面もあります。ですから、こういう状況のときに、パスで崩しづらい相手をどれだけ個で打開できるか。それがとても大事になってくるのです。

 パスを出せるチームはいつでもパスを出せると思います。しかし、パスを出せる状況で敢えてドリブルを仕掛けることによって、色々な選択肢ができ、それにより相手守備陣を困らせることができます。ドリブルで仕掛けることはできず、選択肢としてパスしか無い、というチームは、相手の守備側はパスだけを意識すれば良いので、正直、守りやすいでしょう。

 では、聖和学園ではパスを禁止しているのか。パスを選択肢として否定しているわけではありません。選手個々の判断でパスが良いとなれば決して否定はしません。近い距離を保ち、パスでリズムを変えられるのであれば、それでも良いと思います。

 また、2016年の代のように、ドリブルよりもパスで崩すことが好きな子どもたちが多数集まった年もありました。当然、パスを禁止することはしませんでした。それも選手たちの大事な判断の一つです。選択肢として、ドリブル以外のプレーを否定しているわけではないのです。パスもドリブルも選択肢の一つです。ドリブルを活かすためのパスにする。パスを活かすためのドリブルにする。この考え方も大事でしょう。

2人、3人抜いてこそ、真のドリブラーといえる

 ただ、ドリブラーと言われる選手ならば、相手を1人交わすだけでなく、2人、3人と交わせなければ真のドリブラーとは言えません。相手がわかっていてもドリブルで仕掛けることができないといけません。

「こいつ、ドリブルでしか来ないな」と思われていても、それでもなお相手に仕掛けて、抜き去ることができないといけません。

 例えば、守備の原理原則というものがあり、こちらがドリブルで突破したいと思ったときは、相手守備陣は基本的にチャレンジ&カバーで周到に守ってきます。

 1対1の状況ができるのならばドリブルで勝負したいところですが、相手が2人で守ってくるとなかなか突破するのは難しくなります。それでも、チャレンジ&カバーで守ってくる相手2人を、一気に抜き去ることができれば、瞬く間にビッグチャンスが到来します。

 つまり、守備の原理原則を打ち破れるドリブラーこそが強いのです。相手からすれば、通常は仕掛けてこない局面でドリブルを仕掛け、2人を抜こうと果敢に向ってくる選手こそが最も嫌な相手であり、そういう勝負ができる選手でなければ上のレベルでは通用しません。それは相手の戦術を上回れる存在であり、サッカーとは本来、そういう選手こそが怖い存在なのではないでしょうか。

 相手の守備にカバーの選手がいるのに、そこにドリブルで向かって行くのは、「無謀」と言われるプレーに属するものでしょう。しかし、その局面でこそ選手にチャレンジさせないと、その先が見えてこないのです。

 相手2人が守備者として対峙したとき、タッチを細かくしながらドリブルで2人の間を縫って交わしていける選手と、そこまでのレベルには到達していない選手がいます。

 それは自分自身の技量を見極めて、適切なプレーを選択すればいいのです。また、その局面で横方向に一本パスを入れることによって、相手のカバーが無くなることもあります。ドリブルをより良い状態で仕掛けることを考えれば、うまくパスを交えつつ、タイミングを見極めてドリブルを仕掛けることを考えなければいけません。横方向へのパスによって相手の守備のスライドがちょっとでも遅れれば、相手の守備の逆も取りやすいでしょうから、パスを一本交えてから1対1を仕掛けるのも良いでしょう。

 そういうパスを交える方法論もあるものの、それでもまったくのお構いなしにガンガンとドリブルを仕掛けることができる選手が私は好きです。試合の中でドリブル突破で2人、3人と交わすことができれば圧倒的に優位に立てます。そういう規格外と言える選手が出てくるのが楽しみなのです。聖和学園もまだまだその域までは達していませんが、そうした選手を輩出するためには、何よりも子どもたちにチャレンジを続けてもらうしかありません。

ドリブルは疲れる。それでもとことんドリブルにこだわってほしい

 選手経験のある方は分かると思いますが、ドリブルすることやボールを持つことは疲れます。だからこそ、ドリブルをするよりもパスをした方が疲れないのではないか、という考え方があり、私たちはよく批判されます。

 しかし、疲れないからパスをする、疲れないからドリブルをしない、という考え方では行き詰まる場面にでくわします。

「ボールは汗をかかない」。そんなふうに昔からよく言われてきました。しかし汗をかかないことが良いのでしょうか。

 パスありきのサッカーを志向しているチームが、相手にブロックを作られてしまい、なかなかブロック内部に進入できずに、ブロックの外側だけをなぞるようにボールを回していく局面しか作れず、あとはクロスボールを放り込むしか攻め手が無くなってしまう試合がよくあります。

 パスの方が簡単な選択肢だからといってパスばかりをしていると、相手の守備は予測がしやすいですから、なかなか打開ができません。

 私たちは、引いてブロックを作ってくるチームというのは、ボールを持つための時間を敢えて与えてくれているのだと考えるようにしています。ブロックを作って対抗してくるチームを相手にすると、自分たちがやってきたことを存分見せられるときがきた! と思います。

 2009年までのチームはその手のチームに苦しみました。しかし、自分たちが矜持とするドリブルを先鋭化させ、より狭いエリアにドリブルで切り込んでいくことを怖がらなくなったとき、私たちは全国の舞台に立つことができました。私たちにはそういう成功体験があります。

 ドリブルは疲れますし、パスの方が効率的なのである意味で「楽な選択」かもしれません。しかし、攻撃陣にとっての「楽な選択」は相手守備陣にとっても「予想しやすい選択」になりえるのです。相手にスペースを消されていてもドリブルで打開できれば、相手守備陣にとって脅威となるのです。そもそもサッカーは1対1の連続です。人を抜く1対1こそがサッカーの醍醐味なのですから、ぜひドリブルで相手を抜いていくことにはこだわってほしいものです。

(文:加見成司)

text by 加見成司