全日空(ANA)は、米国国土安全保障省の運輸保安局が運営するTSA Pre✔(TSAプリチェック/TSA事前審査プログラム)に日本の航空会社として初めて参加し、10月25日から利用を開始した。

TSA事前審査プログラムとは、米国の加盟空港から出発する際、セキュリティチェックの迅速化と簡略化を図るプログラム。事前申請し承認を受けた対象者は、ANAが発着するアメリカ国内9空港出発時の保安検査の際に専用レーンの利用が可能となり、靴・ベルト・薄手のジャケットの着脱や、機内持ち込み手荷物に収納されたノートパソコン、液体物の取り出しが不要となる。また、同プログラムの利用が認められた乗客に同伴する12歳以下の乗客も、同様にプログラムを利用することができる。利用には予約時、またはチェックイン時に必要な情報の登録が必要する必要がある。

同プログラムの利用対象者は、「TSA事前審査プログラム有資格者(米国市民または米国永住権保持者のみ申請可能)」、「米国税関・国境取締局が運営する事前審査プログラムの有資格者のうち、Global Entryプログラム資格を有する者、NEXUSプログラム資格を有するカナダ・米国市民および米国永住権保持者、SENTRIプログラム資格を有する米国市民、米国永住権保持者」、「米国国防総省関係者」、「対象旅客に同伴する12歳以下の乗客」。利用料金は5年間で85米ドルとなっている。