NZ新首相、外資規制視野にTPP修正求める意向 移民削減へ

写真拡大

[ウェリントン 26日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)労働党のジャシンダ・アーダーン党首が26日、首相に就任した。新首相は記者団に対し、ベトナムで来月開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の場で、外国人による国内中古住宅の投機目的での購入を禁止できるよう、環太平洋連携協定(TPP)合意案の修正を求めていく方針を示した。

離脱した米国を除くTPP参加11カ国は先に、11月のAPEC首脳会議までの大枠合意を目標に設定。ニュージーランドは日本と共同で「TPP11」発効に向けて協議を主導してきた。

一方、NZ労働党はTPP参加によって、国民の住宅購入を支援するために非居住者の中古住宅購入を禁止する措置が講じられなくなると懸念を示してきた。

アーダーン首相はこのほか、移民の受け入れ人数を、記録的な高水準である現在の7万人超から最大で3万人削減すると発表した。

貿易や外資に関する規制が導入されれば、開かれた経済を標榜してきたニュージーランドの評判が傷つきかねず、中国などの反感を買う恐れもある。