画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Amazon Web Servicesは現地時間24日、PostgreSQLとの互換性を実現した同社リレーショナルデータベースエンジンAmazon AuroraがGA(Generally Available)に到達、4つのリージョンで利用できることを公式ブログで発表している。

Amazon Auroraは、AWS上で提供される同社のリレーショナルデータベースエンジン。クラウド用に最適化することでパフォーマンスや64TBまでの自動スケールアウトなど、商用利用のための可用性(Availability)を高めている。従来のMySQLに加えて、新たにPostgreSQLとの互換性を実現している。PostgreSQL 9.6.3との互換で4つのリージョンUS East (Northern Virginia)/EU (Ireland)/US West (Oregon)/US East (Ohio) Regionsで利用可能。同一ハードウェア環境下で約3倍のスループットが期待できるという。