賃貸物件入居時に加入する火災保険や損害保険ですが、「解約返戻金」というものがあるのをご存知でしょうか。無料メルマガ『不動産屋が教える!賃貸オフィスの借り方虎の巻!』では、意外と知られていないその制度と実際の受け取り方を紹介しています。

火災保険の解約返戻金はちゃんと受け取ってますか?

賃貸オフィスを借りると、ほぼ加入する火災保険・損害保険ですが、途中で解約すると、解約返戻金があるのをご存知でしょうか? 実際、賃貸借契約の途中で解約をすることは多々あると思います。そのときに、きちんと火災保険の途中解約手続きをされている方は、珍しいです。

ですが、きちんと解約手続きをすることで、残り期間に応じて解約返戻金が受け取れます! 各保険会社ごと、商品ごとに代わってきますので、あくまで一例ですが、以下に事例が出ておりました↓

通常オフィス賃貸の場合、2年契約が多いと思います。リンク先を見る限り、2年契約の火災保険2万円を加入していて、入居6か月までで、解約する場合、返礼率は73%ですので、2万円×73%=1万4,600円が戻ってきます。

けっこう返ってきますよね! ただし、1年を過ぎての解約では解約返戻金はありませんでした。

解約返戻金は、きちんと受け取りましょう!

手続きは、それほど大変ではありません。代理店に途中解約の申請を行います。おそらく、返金口座を書く用紙を送ってくると思いますので、そちらに記名・捺印後に返送するだけです。

賃貸事務所の火災保険については、代理店をおそらく不動産会社が行っていることが多いと思いますが、不動産会社では、不動産の解約は受け付けるかもしれませんが、火災保険の中途解約の案内はあまりしていないと思います。

実作業としては、10分もかかりませんので、忘れずに、オフィスを契約期間途中で解約する場合は、代理店まで解約申請をして、解約返戻金を受け取るようにしましょう!!

MAG2 NEWS